うさぎとかめの母子登山+スケ

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

北八ヶ岳にGO

2018年6月17日
初めて利用するツアー会社にて蓼科山に行ってきました!
週間天気予報ではまったく期待できなかったのに、終わってみれば日焼けを気にするほどの梅雨の晴れ間に恵まれた山行になりましたYO!嬉しいがお天気の運はここでは発揮したくない~(汗)
それではいってみよう♪

新宿からバスで道はこれ以上ないくらい順調(by 運転手さん)だったけど、3時間半くらい?けっこう遠いんだ。

e0252707_09145745.jpg

七合目の登山口に到着!東屋っぽいのがあり身支度ができて隣にトイレがあります。
蓼科神社を信仰しているのか登山口に鳥居がありましたので、しっかり一礼し安全祈願!鳥居をくぐると北八ヶ岳らしく苔が美しい!苔ガール(?)としては萌えます。右上のはイワカガミ(なはず)


e0252707_09152486.jpg

そんなに遅くはないと思ったけどコースタイムを大幅に上回り(汗)今回は17名で十二ケ岳同様、男性一人!ガイドさんは女性で添乗員くんは大学院に合格が決まった大学4年の好青年!たくさんお話しちゃいました♪
遅い人と速い人がいる場合は、会社の方針で2班にわけて無理なく歩くとか、ツアーだけど写真ゆっくり撮ってくれてもOK!とか(ツアー登山だと列を外して写真撮るのってちょっと気が引けるんです)、添乗員くんに初参加ならではの疑問をぶつけて頂いた回答をもらい私にはなかなか合ってるんじゃないかと安心しました。安心?そう、、7月に南アルプスのツアーをこちらの会社さんで申し込んでいるのでした~。いきなり初めてのツアー会社で宿泊コースも不安だからこの日帰りを入れたのもあるし、体を高度に少しでも慣らしたいのもあるし、何より蓼科は中・高と(偶然?)林間で登ってます。その高校の時に下山の時に転んで先頭を歩いたという苦い思い出があるのでちょっぴりリベンジもあったりする思惑深い今回の蓼科でありました。
画像上段は将軍平手前の見晴らしが良い{天狗の露地}にちょっぴり寄り道。
画像下段は将軍平・・蓼科山荘があり売店のテントもでてるし休憩ポイントです


e0252707_09161332.jpg
苔は美しくていいんですが、こんなにガレ場ばっかりだったかな?中・高で登った時の山容の記憶がまったくない!っつか、とーちゃんなんて登った記憶すらないといってました(汗)(高校の同級生なんで)。


e0252707_09172030.jpg
頂上まであと5分のペイント!(ホントか?(笑))
画像左下、5歳の男の子と2年生のお兄ちゃん。5歳の子はお父さんにロープで安全確保されてしっかり下山してました。子供たちの姿は小さい頃のスケを思いだして感慨深い・・けど「こんな小さい子にこんなところ可哀想に・・」なんてスケにぶっ飛ばされそうな事も思ったりする(笑)


e0252707_09174318.jpg
そんなこんなで蓼科山山頂到着~2531m☆☆
山頂岩岩々のだだっ広い~!!
画像右下はガイドのKさん!フル装備で顔はまったくわからないけどちゃんと口と鼻の部分に切れ目が入ってて笑えた(笑)とても人気のあるガイドさんなんですって~!
画像左下は南八ヶ岳のとがった皆様。


e0252707_09183610.jpg
山頂のど真ん中に鳥居があったのでツタツタと行って山頂までの無事のお礼をしました。山頂からは甲斐駒ヶ岳(南アルプス)や槍ヶ岳(北アルプス)も一瞬雲間から見えました!むろん


e0252707_09190346.jpg
私の後方、南八ヶ岳なんてギザギザくっきりすぎて萌えました(笑)そういえばフジヤマさんは見かけなかったな。帰りの高速ではシルエットが最高に綺麗だったけど。。


e0252707_09193613.jpg
お花好きのおばさまが「まいずるそう」よ!って教えてくれました(画像左上)本当に綺麗でした。隣の桜っぽいのはピンボケしちゃいまいした(汗)食べたら笑いが止まらなそうな真っ白いキノコや苔むす森が本当に神秘的・・フォトジェニック的にはスプレーで水シュッシュしたらもっとよく撮れそうだけど。
画像左下は見ての通りガイドのKさんと下山のポーズ(笑)赤岳から阿弥陀岳にいくルートの事とか教えていただきました。ガスってきたら絶対に行ってはならない!とアドバイスされました。去年、硫黄岳に登った時も、硫黄から赤岳に向かう絶好の稜線はガスったらホワイトアウトして方向がわからなくなるからケルンが数か所にたってるんだよ!って出会ったおじさんに教えていただいたのですが、八ヶ岳はやっぱりガスったら怖いんだなと再度認識しました。

帰りの中央道は安定の大渋滞、、もう日曜日の中央道のバスツアーは選ばないようにしよう(泣)それにしても阿弥陀岳、、帰宅して地図見てたらやっぱりスケと行きたいな~ってモゾモゾしちゃいまいした(笑)


おしまい。
読んでいただきありがとうございました!


e0252707_09195670.jpg
このチョビチョビしてるのが、一番好きだったりします。



[PR]
by puupon | 2018-06-23 10:03 | 蓼科山

岩場・鎖場の感覚戻しツアー

2018.5.27
岩場・鎖場に対し、どのくらい鈍っているか試したくて「スリリングな縦走」と謳っていたいたツアー登山に参加してきました。
このコースは2・3年くらい前からいってみたかったので距離もやや長いし歩けるかも試せて一石二鳥!参加者は20名満席でしたがお一人キャンセルで19名、そのうち男性はONLY1でした。
ちなみに十二ケ岳と節刀ケ岳は山梨百名山です。

e0252707_18591972.jpg

河口湖ICで降りて、登山口のある西湖湖畔へGO!
この時はずっとフジヤマさん顔を出してました。ガイドさんが「お昼は西湖を下に見下ろし富士山を眺めがらご飯ですので楽しみに♪」なんて言ってましたが、半信半疑に聞いといてよかった(笑)山つつじがまだ少し残り、ハルゼミの鳴き声をBGMにブナの原生林の中を歩き、まずは雪頭ガ岳を目指します。雪頭も節刀も同じ‘せっとうがたけ’だから、最初、見間違えたかと思ったらちゃんと両方実在しました^^


e0252707_18593868.jpg
雪頭ガ岳山頂GET♪
フジヤマさんは恥ずかしいらしく頭を隠しました(笑)
ここでお昼です。むかーし雨の中、山頂手前で撤退した竜ヶ岳が頭出してましたYO。一番リベンジしたいお山です。
画像右上は亡き愛犬’s・・長男犬ぷうすけは223(富士山の日)に逝ってしまったので本物を近くからみせたかった。。
それでは鬼ガ岳にGO!


e0252707_19001560.jpg
鬼ガ岳に行く途中、少し梯子がありました。
鬼ガ岳山頂(1738m)GET♪画像右上は山頂からの景色、画像下中は鬼ガ岳の名前の由来である鬼の角のような岩です(笑)


e0252707_19005640.jpg
節刀ケ岳に行くのに金山を通っていきます。あっという間に金山山頂♪
西湖とむこーの方に山中湖(河口湖だったかな(汗))がわずかに見えます。金山山頂にザックをデポして節刀ケ岳に向かいます・・・
節刀ケ岳山頂(1763m)GET♪空荷はやっぱりぜんぜんラクチンです。


e0252707_19012559.jpg
ぜんぜんスリリングな縦走でもないなーとガイドさんにいったらここからが(登山地図上の)破線ルートになってるから!と言われました。
ここまで数か所ロープや鎖がはらされてましたが一度も使いませんでしたがここは必要・・見た目より足も手も置けるとこあったけど、岩の上の方では落石させないよう注意しました。岩の角度からすると妙義の石門巡りの方が難易度は高い気がします。まぁ、妙義の石門巡りより距離はぜんぜんあるので総合的にみると比較はできませんが。破線ルートだからここまでくるまでに痩せ尾根とかしつこいほどのザレ場はありましたけど、ちょっと物足りなかったと思えたってことはさほど能力が落ちてないってことでしょうか。岩場でちょっと褒められたし(照))これを機にスケがいってるボルタリングジムに通おうかと思ったり(お調子者すぎ・笑)そんなこんなで
十二ケ岳山頂(1683m)GET♪
山頂には最上権現様が祀られてました。小さい権現様で可愛らしい。
権現様の思し召しでしょうか・・・最後の最後でフジヤマさんが顔をだしてくれました!!

あまりに簡素なレポになってしましました(汗)
私が行きたかった十二ケ岳のルートは一~十二まで順番があるんですが、それは反対側(南稜?)から登るルートだったらしく(汗)同じ勘違いをしていた女性も一人いらっしゃいました^^;)) ちなみにこの女性、現在山梨百名山をつぶしていて(踏破)、この夏のメインイベントは西穂~ジャンダルムだそうです(滝汗)うーん、ジャンは見るものであって登るものじゃないね(こわっ)



e0252707_19015416.jpg
フジヤマさんのひょっこりはん(笑)


おしまい。
読んでいただきありがとうございました。




[PR]
by puupon | 2018-06-01 20:58 | 鬼ケ岳~十二ケ岳

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな