人気ブログランキング |

うさぎとかめの母子登山+スケ

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プリンスルートをかじる 後

つづきです



ところで宝永山とは宝永大噴火で誕生した、標高2693mの富士山最大の側火山

宝永大噴火とは、江戸時代中期の1707年(宝永4年)に起きた富士山の噴火である。現在までにおける歴史上最後の富士山の噴火となっている。

e0252707_1135455.jpg



e0252707_11361421.jpg

この写真は第二火口だと思います^^;) ←どっちがどっちだかわかならくなった^^;)

とあります。
今回タイトルつけましたが「プリンスルート」なんですが

プリンスルートとは、皇太子徳仁親王殿下が平成20年(2008年)8月7日から8日にかけて富士登山をされた折にご利用になったルートだそうで、富士宮口から宝永山(このツアーのコース)を経て御殿場口ルートに合流して山頂を目指すんですって。確かに富士宮ルートは下山者も同じなのでちょっと面倒でした。よって考え出されたのがこのルートで

富士宮口五合目の標高が他のルートよりも高いので山頂までの標高差が小さく、砂の載った岩場の多い同ルートよりも歩きやすく空いている御殿場ルートの6合目から上を利用出来る

というまさに両登山ルートのいいトコ取りらしいです。


と、トリビアはこの辺にして休憩に入りますYO


e0252707_1132211.jpg

これがやりたいためにサーモスのランチジャーを買ったのです!
家でお汁粉とお餅を軽く焼いてお昼には食べごろを目指したのですが、思ったよりもぬるくてやや残念・・もっと加熱してから入れるべきだったか(汗)
スケはいつものひたパン・・ほんと好きだなぁ(笑) でも今回はマーガリン入り☆


e0252707_11322262.jpg

さて、目指すは目の前に見えている宝永山・・・見事な大火口が見渡せるはずですが明らかに雲の中に行く感じです(笑)


e0252707_11324280.jpg

宝永山山頂~!!標高2693m
右上でスケに話しかけて下さるオジサマは後程・・


e0252707_1133246.jpg

さて、スケが待ちに待った最新のPRO TREKの順番が回ってきました~!超嬉しそう・・・さっきの辛そうな顔はどうした!?(笑)
左下の虫はとても綺麗なエメラルドグリーンの虫が沢山いたんだけど、ピンボケしてるし何虫かは不明


e0252707_11334534.jpg

これね!→右上画像
1歩踏み出すとすぐこんな感じでもぐります・・・これが登りは延々と続くから殆どの人は体力と気力が奪われます。プリンスルートの中ではここが難関ヶ所になってますけど、この道は火山特有なのかな、、日光白根とか日光男体山はもっと強烈感があり宝永山は私も慣れたからかそんな苦ではありませんでした


e0252707_1134108.jpg

左上)紅花いちやく草 右上)強風が物語ってます 右下)割れた石から木が・・
色々高山植物ありますがてんでわかりまへん(TT)
 

e0252707_11342991.jpg

帰りはあっという間だったな~新5合目に到着!
さきほどのオジサマは、実は石裂山の時にバスが隣でよーくお話しした方でした!途中のサービスエリアで気がついてホントびっくり!?今回も色々お話ししたしスケの事もよく気にかけてくれ富士山頑張れ!って励ましてくれました^^ きっとまたどこかで会えるといいなぁ

モニターは下山した時に終了だったんだけどガイドさんが「ぼく、まだ時計もってたい?」と聞いてくれたのでバスが東京につくまでさせてもらいました!スケも欲しがりましたが、そうね~~富士山位ちょちょいと泣きが入らないで登れるようになったら買ってあげるよ!と伝えました^^
帰りはサービスエリアでなぜか崎陽軒のしうまい弁当をば。しっかり食べたら寝ちゃいましたYO^^; まだまだ可愛いヤツ(笑)


そんなこんなで宝永山。
標高差は313mとそんなないんですが標高が2000m超えてるし体を慣らすのとザレた足元が目的だったので、天気も恵まれたしホント良かったです♪


e0252707_1135076.jpg




おしまい
読んでくださりありがとうございました^^
by puupon | 2015-08-06 12:31 | 宝永山

プリンスルートをかじる 前

2015年7月11日

富士登山直前に高度慣れしておこうと宝永山に行ってきました
今回は石裂山で初めて参加したマイタビさん。しかもカシオPRO TREKのモニターツアーという事で高機能時計も試せるという企画ツアー!登山体力的にはハイキングに近い感じでどうしようかと迷いましたが色々みていたら富士の特有のザレ具合で悪戦苦闘しているというのをよく目にしたので決定~☆


e0252707_1019576.jpg

バスで朝ごパン
スケは妖怪ウォッチのメロンパンにしたんですがこれが後々後悔・・・かの有名な海老名のメロンパンなんですがどうやら下り線のみの販売ということで(もともと帰りにお土産代わりに買おうと思っていたのでした)、一度前に食べたことはあったんだけどなんだか残念なかぶりかたをしてしまいました<先行き不安!?
でも、パンの付録のおみくじシールは{大吉}でした・・・幸先好調(笑)


e0252707_10192148.jpg

バスはそのまま進み、富士山がよく見えるという水ケ塚公園でトイレ休憩!
ここで前から探していた信玄餅クレープを発見したのですが、要冷凍だったしそれようのクーラーも持ち合わせてなかったので断念・・・
そのままバスを進み富士宮口新5合目の駐車場へ到着!(標高2380m)
迷いましたがしっかり入山料を支払いましたYO(^^)v 管理していただけるからこそ母子登山で目指せるのですから。写真中央はモニターのPRO TREKの旧モデルの1つ(数が若干足りなくて最新式のは順番に)
富士山すっぽり雲に隠れてます、はい。


e0252707_10193975.jpg

さて出発です!(標高2400m)
富士宮口は早くて来年狙っているので色々偵察しながら登ります(^^)v


e0252707_1020229.jpg

りっぱなザレ具合とじわじわの登りで、こういうのがスケの苦手とする登山道なんだな~って事が判明!うってかわってうかれぽんちな母親(爆) 後方でガンバってる息子をほっとく感満載・・・だってこの位登れないでどうやって富士山のテッペン目指そうってのよ<(`^´)> こんな母親だから(!?)スケはツアー参加者のご年配の方たちに励ましてもらってました(笑)


e0252707_1020206.jpg

6合目山小屋に到着・・ツアー的にはスルーです。
富士宮ルートから目指す山頂へ行く分岐になってます。ぶわ~っとガスに覆われたり未だ雪渓がありました。


e0252707_10204061.jpg

宝永第一火口縁到着
人がちっさー!山頂までいく人たちや宝永山までいくひとたちでいっぱい(といっても吉田ルートほどのにぎわいはまったくないです)


e0252707_10212212.jpg

宝永第一火口到着
ここでしばらく中休止ですが運よくガスが晴れました!(^^)!
すごくクリアーに宝永山も見えるし第一火口・第二火口も迫力満点!
私のおやつはカントリーマームの桔梗屋信玄餅バージョン(笑)


e0252707_1133431.jpg

スケは石が好きでこの石積みが大好き^^;) 登山道にあるケルンとかにもよく1つ乗せて歩きます。赤茶の大きい石(岩?)・・こんなのが噴火や落石で転げ落ちてきたのかな(怖) そんな岩肌に発見!


e0252707_1141971.jpg

さて、出発です。これから進む道がよく見えてスケが萎える(笑)
雲がおっかけてくるよ~!逃げろ~といってモチベーションあげようと必死なのに殆どスルーされました(-"-)


e0252707_1143682.jpg

どうにも歩きにくいらしくて少し止まった時にガイドさんのすぐ後ろを歩かせてほしい旨伝えて久しぶりの先頭に!ペースも一定だし歩きやすい!と再認識しました。
私はガイドさんとよく話すんですが、このプリンスルートを皇太子が登った時とかは貸切だったのかな?なんて何気なく話したら、偶然にもその日、ガイドさんもプライベートで富士登山してたんですって!?で、なんでこんなとこで渋滞しちゃってるんだ!?と思ったらどうやら皇太子が山頂にいたらしくて1時間以上止まった状態だったとか。これってちょっと登山するものにして、しかも3700m付近で足止め喰うのって非常に最悪かもです、、絶対に遭遇したくない~(><) なんて色々話していたら、皆さん疲れてきたし予定より早めですが‘馬の背’まで頑張ってそこで休憩~とアナウンスがありました!よしもうすぐ休憩頑張るぞー!


つづく
by puupon | 2015-08-06 10:22 | 宝永山

子供と富士山 旅費編

富士山を初めて個人で登ってきたんですが、それの出費を書き出してみます


e0252707_111189.jpg

手を繋いで仲良し母子登山かと思いきや・・実は突風でスケの体が2度ほどもってかれそうになったのでしばらくは手を繋ぎました(゜o゜)



高速バス(新宿から富士スバルライン5合目) 8100円(往復)
大人2700 子供1350

電車(自宅から新宿・新宿からお迎え駅) 1870円(往復)
行き830(JR)  帰り1040(TX) 

入山料 1000

山小屋(8合目白雲荘) 11020円(1泊素泊まり)
大人5800 子供5220
_________________________
小計  21990円←絶対にかかる費用


WC(1回200円) 1600円前後
山バッチ(私) キーホルダー(スケ1000円日本一価格w) 両方とも日付刻印付きで1800円
トモエ館限定クリームパン300円  金剛杖(ミニ)700円 焼印代1500円前後 などなど


今回なんとカードを忘れる失態をしたので思うようにお土産が買えず


e0252707_1131551.jpg

下山したら「富士山カレー食べようね」っていってたのに帰りの電車賃差し引いて残った小銭で店頭の肉まんに(叫)

買ったのは両実家と職場1つ(゜o゜) ということでそのお土産とかジュースとか全て込みの

母子2人で1泊素泊まり富士登山総出費は
30750円


ちなみに2年間ツアーで参加したハトバスさんは
大人21800 子供21300(1泊入山料込) 2泊→大人32800 子供32300←過去2年はこのコース
クラツー 大人子供同額 30800(子供OK設定コース・1泊入山料込・新宿ー現地バス)
まいたび 大人25800 子供(小学校高学年より) 24800(1泊・新宿ー現地バス) お鉢各+500
クラブアルプス 大人43800 子供同額?(1泊入山料込・現地までホリデー快速)

もちろんツアーの場合は山小屋2食付だしハトバスの場合だとSOY JOY1本とミネラルウォーター500ペット2本付きます。各社色々そういう特典はあるとは思いますが、それにしても


まー、安いわね(笑)



今回自炊で小屋も素泊まりだから


e0252707_10561865.jpg

説明を読まないからチンする時間(3分位)だけしか沸騰したお湯であたためなかったらまだまだアルファー米状態のパッサパサに!?(←本来は10分以上湯煎) イヤですね~レンチン世代は(爆)) 封を開けちまったもんだからスケはお湯をすくってなんとか食してました^^;)


母子2人でクラツーの大人一人分になりました(゜o゜)
もちろんツアーならではの安心感やガイドさんから得られる知識など付帯効果はありますが、自分たちでいくとある程度は臨機応変できるし(体調不良や台風など)、色々予約とかする手間はありますがそれを差し引いても安いし、何より


e0252707_10594667.jpg

万年雪を手のひらに乗っけてるつもりショット(笑)←こういうのはツアーだと迷惑になります(><)


自分たちのペースで登れるしで、、、


いいこと尽くし<(`^´)>


但し、ツアーではないので何かあった時のガイドさんや添乗員さんのヘルプもないし、とても運が良い場合(良い人に出会えて助けてもらえるとか)を覗いてはいかなるトラブルも自己責任で、こと子供を連れている場合は全て親が支えていかなくてはならない事を覚悟して登山することが必要です



本編はもうしばらくお待ちください^^;)
by puupon | 2015-08-04 11:08 | 富士山2015

リベンジ富士山 後

前編よりつづき (←click here)


それでは山頂アタック!!


e0252707_14431846.jpg
私がどうしても登頂させたかったので途中でスケのザックをカンガルー持ちしました。9合目すぎくらいで自分で持つっていってくれたんですよね・・・


e0252707_14433237.jpg
この狛犬と鳥居こそも山頂直下の象徴です。
時間ずらしているし人もそんないないですね!写真じゃわからないけどすんごい風が強くて


e0252707_14434773.jpg
つかまらないとよろける一面も。登ってる途中、スケがふわっとなってザックを押さえ込んだのも2回ほどありました・・・本当に風が強くて。で、頂上で金剛杖に焼印押してもらう時に「今日はお鉢めぐりは危険ですのでおやめください」って言われたのでした。
頂上で私はバッチ、スケは高級キーホルダー(山頂価格1000円!売ってるお兄さんが「いいんですか?って私に確認してくるんだもん(笑))を買い、山頂価格の自販機でコーヒーとジュースを買いバスの時間もあるしで早々と下山開始。


e0252707_14440475.jpg
こう見返すとやっぱり富士山からの景色って一味違うよねって改めて思う。

e0252707_14442212.jpg
普通に道端に倒れてる人とかいても不思議じゃないがこの年は多かった気がする。怪我・疲れ・気力尽きetc


e0252707_14461683.jpg
別に意識したわけじゃないけど3時間で下りてこれました。最後5合目手前で競争したら負けた私(汗))


e0252707_14443544.jpg

怪我もなく無事下山できてホッとしたのもつかの間・・この後、ハプニング立て続け!

まず、この時はしっかり晴れているのに5合目ついて電話とかしていたらいきなり雨が降りだしまして・・・下山してもうしっかりレインウエアなんて一番下に押し込んであるし心身共に面倒だったー。結局荷物整理しないですむよう雨宿りしたりお土産探しにお店に入りましたが。

で、そのお土産探しですが、まさかのクレジットカード忘れが発覚し手持ちであるお金から帰りのバス代とJR代を差し引いたらとてもじゃないがほぼほぼ買えず(滝汗) 

そして極め付けがしっかりザック右側にある金剛杖が帰りのバス乗り込む時にない事に気がつく(滝汗)) いくつもの山小屋で押してもらった焼印がある金剛杖・・・バスが発車するギリギリまで走り回ったけどみつからず、その後3日間くらい5合目で寄ったお店や観光案内所にかたっぱしから電話したけど発見できませんでした。帰りバス?もちろん険悪ムードばりばり(笑)

終わり悪けりゃ全てどうなの?となりましたが、無事スケも日本一の山の頂上に登ることが出来て心底ホッとしました。この1年間はどうして登れなかったのか、次に必ず登らせるためにはどうしたらいいのか、自分は何ができるのかだけを考えていたといっても過言ではありませんでした。

普段、愛犬+家族のあーだこーだを綴っている本家ブログの当時の記事がUPされていました。画像はたぶんデジカメでちゃんと撮ったものっぽくて今回では呼び覚ますことができなかった話とか書いてありましたのでリンクします
ぷうすけとぽんたの内緒話「雲の上の世界」(←click here)


e0252707_14463201.jpg
スケ、おめでとー!

この翌年の5年の時、今年の6年の夏、富士山行く友達がいちいちスケに言ってくるんだって笑ってました・・確かに、別に門番さんじゃないし(笑)

旅費編も書きましたので参考までにご覧ください。
子供と富士山 旅費」(←click here)

おしまい



by puupon | 2015-08-03 14:41 | 富士山2015

リベンジ富士山 前

2015年7月終わり

2014年夏にその前年のうさぎが登った富士登山とまったく同じハトバスさんの2泊かけて登るツアーに申し込んだ時に、2日目の朝、ご来光をみた後にでてくる岩場で一気に高山病を発症してしまいリタイアした経験があるスケ。山岳ガイドさん曰く、朝起きて急に動き出すとさっきまで元気だったのに高山病になっていまうケースもあるということで他に参加者もいる手前待たせるわけにはいかないので潔く山小屋待機になったファーストトライでした。それ以来「ツアーでは行きたくない!」と言ったので、それならばと思い切って二人で挑戦することにしました!!

デジカメ画像は前PCの急逝のためとりだせず僅かなスマホ画像を槍ヶ岳レポ同様 Bluetooth で現スマホに飛ばしましたのでようやっと重い腰をあげて(汗)綴ることにします・・・ちなみに今は2017年8月最終日です^^))

富士急バス、新宿から富士吉田5合目までのバス、1ヶ月前から発売開始でしっかりその日に予約!受付の女性がすごく感じの良い人だったのを覚えてます~

e0252707_14061280.jpg
標高が高いので紫外線対策で前夜UVめがねを買いに走りました!前年とうさぎが使っていたサングラス、踏まれて使い物にならなくなっていたなんて(ため息)
それにしてもまんま「のびた」で笑えます(笑)

昼前に到着し、体を高度順応させるために1時間ちょっと過ごします。


e0252707_14063280.jpg
前回、ハイドレーションで吸水したのが仇になり水分不足も高山病原因の1つだったと思うのでしっかりペットボトルホルダーをウエストバックにつけとにかく1口づつでもいいので小まめに飲む。そしてこの通り大事な呼吸法!常に徹底してうるさく言い続けたらこっちが酸欠になるとこだった(笑)
あとは長丁場なのでものしり図鑑としりとりブックをこっそり持ちました(少しでも荷を軽くしたいのに、楽しく登るための母としての苦渋の決断(爆))

宿泊先を選ぶのに前年の高山病発症の経緯をうけて自分で研究し(←おおげさ(笑))、前年・前々年宿泊した太子館よりも2つ上の「白雲荘」に。1つ上の蓬莱館付近は確かまだそこそこの岩場があるんですよね。
あまり高いところに宿泊しても睡眠時に高山病になることもあるので私にとっては白雲荘がギリギリライン。なぜなら2回とも私は夜中に頭重感がでてきているので自分もそんなに強くないのです。

朝はとりあえずご来光


e0252707_14070981.jpg
ペイズリー柄みたいのは山中湖
3年連続快晴ご来光(^^)v

e0252707_14073494.jpg
徐々に山中湖の上だけに雲がわいてくるのが神秘的でした。
その後バタバタしないよう過ごしご飯食べておそらく白雲荘でいちばんチェックアウトが遅かったはず^^))
ちなみに1泊素泊まりにしたので自炊・・夕食はさとうのご飯にイシイのハンバーグ。
隣のお兄さんたちに「考えるねー」なんて言われました(笑)なぜなら山小屋の夕食も同じハンバーグだったから!朝は忘れちゃったけど・・・私は途中7合目トモエ館で買った限定クリームパン食べて、スケはアマノフーズのわかめごはんにしたような気が・・あまり食欲なくて登り途中でスタミナ補充に食べたのだけ覚えてます←ハラが減る前に食べるのが鉄則!

e0252707_14075291.jpg
近場の低山がくっきり波のように映ってるしスマホならうわって広げればみえるけど向こうの左側の高い山は八ヶ岳です。
こんな景色を見ながらだもん、、気持ち良いわーと後ろみたら・・


e0252707_14080714.jpg
辛そうだったな(笑)


後半につづく(←click here)



by puupon | 2015-08-03 14:09 | 富士山2015

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

最新の記事

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな