人気ブログランキング |

うさぎとかめの母子登山+スケ

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

修行山行②

2015年6月7日
今回も初めてのツアー会社になります。しかも自身初の女性オンリーの{レディースコース}!
ツアー会社は山専門で「アルプスエンタープライズ」さん。このレディースコースはこの会社でも今年から初の試みという事もあり、今後の未来が開けるのは今年が肝心、今年のデキに尽きる!ってわけで、そーいった意味でもとても楽しみ☆


さて今回は岩場・鎖場修行という事で関東ではそこら辺の趣味(笑)があるならば有名です。山梨県にある{乾徳山}にチャレンジしてきました~。


e0252707_19401957.jpg


「ケントクサン」と読み、日本二百名山・山梨百名山に数えられる標高2031mの山であります。
(画像右上)コーヒー買ってあるのに休憩時自販機でカップコーヒー買ったのは、コーヒーの粉も山専ボトルのお湯も準備万端だったのにカップを忘れたという事実(゜-゜)

登山口である駐車場は810mにあり標高差は約1200mとなかなかのものになります^^;)
ツアー行程だと乾徳山のあと道満山に廻って下山だったのですがツアー一発目の時にやや年配の方のペース配分とか日の暮れる時間とか色々あった結果、今回は道満山にはいかないでそのまま下山になるルートになりました。なので当初は約10km7時間になってましたがせいぜい8kmくらいになったんじゃないかな~と思います。
左手に滝っぽいのがある乾徳神社(900m)から出発!
秩父多摩甲斐国立公園になり徳和渓谷ハイキングもできるようです


e0252707_19411364.jpg


樹林帯を進みます
銀晶水~駒止~錦晶水(キンショウスイ)でお水を飲みました。冷たくて美味しいけどこういう沢の水って飲んでいいのかダメなのか、ガイドさんがいないとわかりません(笑)

国師ヶ原到着
ここから山頂までは1時間45分と道標がありました。ここは鹿さんがファミリーで沢山いて、フレンドリーというか人を怖がらないので、可愛いけど近くになるとこっちが怖くなりました^^;)

ここから少し奥に入ると乾徳山高原ヒュッテがあり無人小屋ですがトイレがあったのでしばし休憩~


e0252707_194252.jpg


よくわからないけどトイレの個室が3つ、女性用が1つで男性用が2つあるの・・・逆にしようぜ!って感じ(笑)
人数は13人+添乗員さんとガイドさんでわりと大所帯だし他のグループとかも3・4あったりしてなかなか時間がとられるので他の人たちは仲良く揃って「お花積み」に^^;) レディースコース様様です(笑)トイレ自体は綺麗でしたよ!ペーパーまで揃ってましたし。

*あ、お花積みとはお外シコです。男性の場合は‘キジ打ち’っていいます・・所謂山の言葉ですねー。


e0252707_19432198.jpg


では扇平(1765m)にむけて出発!しばらくすると月見岩がでてきました。
そうそう、スケと同じ4年生の男の子と下の子がいるファミリーが岩登りの練習やってました!すごく親近感わきます(笑)

山頂は狭いし時間もちょうどお昼だったのでここでお昼休憩~!ですが「15分位で!」とアナウンスがあり慌ただしくてちょっぴり残念でした(ガスってるから景色も見えないし)


e0252707_19435993.jpg


時間もないし今日のお昼はスープとメロンパンに。さわやか果実のメロンパンってなんだろ?と思ったらドライフルーツとか練りこんでありました^^

休憩後山頂へ向かうんですが、もっと軽くしておけば良かった~!と思いながらひたすら登りが続きます・・・最近いつもこれで後悔します。山でご飯は楽しみのひとつなんですがお腹いっぱいになると背負う荷物が重いよりも体(ハラ)が重い方がすごく辛いです。なのでまだ登りが続くときはしっかり食べるのを止めようと思うのですが「昼休憩」ととられると食べてしまう学習能力が低いかめさんデスーー;))

さて出発!


e0252707_19445022.jpg


扇平(1765m)を通過というかお昼を食べた月見岩とか一体が扇平っていうのかな?
手洗石~髭剃岩(向こう側が断崖絶壁らしい!)
真ん中がパックリ割れた岩の中を通る時に髭が剃れちゃうほど狭いって意味なんでしょうかね・・実際ザックを降ろさないと入れなさそうだしお腹つかえて入れないのも恥ずかしいのでやめときましたが(笑)
だいぶアドベンチャー感が強くなって岩山って感じが強くなります^^


e0252707_19453578.jpg


カミナリ岩についたら先ほどのファミリーとまた遭遇!
登山靴ではなく足袋を履いているのでお母さんに聞いてしまいました!なんでもお祭りで履く「祭り足袋」ってのがいいらしくってすごく興味深々です。この子達は学校へもこの足袋でいってるんですってYO!

カミナリ岩では他のシニアなグループの人と順番だーなんだーで少しイザコザ(笑) 我がレディースグループは口でも岩登り技術でも圧勝(笑)

5・6m位の岩場から降りるのに同行者に「どこにあしおけばいいの~?」なんて情けない声出しながらは止めてほしい・・私はそんなに言わなかったけど10分以上待たされて体は冷えて寒くなるしで「巻き道使えばいいのに!」とか「怖いなら岩山選ぶな!」とか厳しい声もでてました。心で思っとけばいーじゃん?と思いましたが言ってる事は合ってるとも思いました。

そんなカミナリ岩で20分以上待たされでてきたのが大ボス{鳳岩}(おおとりいわ)


e0252707_1946778.jpg


高さ10mちょっとの1枚岩です。
ここでは鎖と体と手の使い方のレクチャーをしてくださいました。あとは三点支持して登るのみ!

*三点支持とは両手両足の四肢のうち三肢で体を支え一肢だけを自由にして登る事

この岩をクリアするとあっけないほどすぐ山頂~


e0252707_19465545.jpg


乾徳山GETだぜ~

と、ツアーの人たち全員が登ってくるまでしばし所狭い岩の山頂で休憩。
晴れていれば富士山や丹沢はもちろん南アルプス勢が見渡せる最高のシチュエーションらしいのですがこの日は真っ白(笑) ですが、私の中では景色よりも岩場鎖場!って方に意識がいってたので景色がみえないのはどってことないと思った自分にびっくりしました^^;) 景色もないので私の後方を歩いていた横浜からきてた女性(多分同じ世代)が最初の自己紹介の時に「槍ヶ岳に挑戦します」と言ってたのを思いだし、槍の話をしていたら私が2・3回お世話になったK先生のガイドするツアーで行くんですって!!私もそのツアーはちゃんとチェックしてありましたが日程的にミサとハルのコンクールの真っ最中だったので候補から外したのでした~。


e0252707_19472516.jpg


帰路は水のタルの方へ・・梯子ありキレ落ちた岩場通過アリで延々と下山・・・鹿さんが沢山いたヒュッテに合流してここでトイレ休憩してたら本当にまさに「バンビ」だわ~な赤ちゃん鹿さん発見!とても可愛かった~


e0252707_19475164.jpg


帰りは大平高原の方に行くルートで下山。つまらないから途中ガイドさんがエスケープしてくれたりして良かったです♪で、道満山に廻らなかった分時間もあったので「道の駅」に寄りましょう~!と、臨機応変な添乗員さん(まだ30ちょいの女の子)のおかげでお土産とか地元のものを堪能できました^^ たいがいのツアーだと温泉によっても次は高速上のSAとかになってあまり地域とも関連性がないのでこういう道の駅とかよってくれるのは嬉しかったです♪


そんなこんなでどうだったのよ<乾徳山


e0252707_2063727.jpg



高所恐怖症でも目の前の岩とか鎖とか梯子だけみて集中してれば意外と登っちゃうもんだな~と思った次第(笑) 前の石裂山の時に出会ったオジサマがいうには本番までに本当は八ヶ岳くらいいっとくといいんだけど次に乾徳山いくならもう大丈夫だよ~!とアドバイス頂けてたし、もう1つ修行やっとくかとも考えてたけど乾徳山が案外ヘッチャラだったので(ただし雨じゃない時に限る)、これであとは富士山の長距離ダラダラ&高山病対策と、槍ヶ岳の帰り20kmを歩く体力さえつければ、残りの天気以外は問題ないかな~位までもってこれたと思います^^(←なめすぎ?)


以上、おしまい。
読んでいただきありがとうございました^^
by puupon | 2015-06-20 20:07 | 乾徳山

クッカー考察 TREK1400

スケとデュオ山行でどうにも良さ気なクッカーはないものかと色々悩んで3・4種ピックアップしていましたが、買う直前に・・灯台下暗しとばかりにこれか~!と決めたのがまさかの


スノーピークでした^^;)


e0252707_981681.jpg

SCS-009
ポット φ136×114㎜ 1400ml
フタ  φ145×39㎜ 500ml
重量 305g


e0252707_983590.jpg

snow peak 刻印が輝きます(笑) そして何より made in japan
メモリも0.2L/0.5L/1Lの印字されてます。希望とすれば湯きり口がついてたら最高なんだけど(←お湯を注ぐときとか・・・でもやかんじゃないしw)


とにかくスケと2人分の山メシ用にどうにか素早く簡単に調理できるものを考えてるんですが、とりあえず手持ちのイワタニJrバーナーが入るのか試してみました。


e0252707_9113871.jpg

Jrといえども登山用ではないからでかいし重い(笑)


e0252707_99193.jpg

思ったよりすっぽり入ってご満悦♪ 
OD缶ショートはどうかな~と思ったらやや無理がありキャップを外してどうにか入るのですが少し飛び出ます(汗) 
が!!
フタ(兼フライパン)のスタッキングで賛否両論があり、私もフタがすっぽりとポットにINすればいいのになぁ?なんて思っていたのですがここへきてどんでん返し!ショート缶が飛び出ているのにも関わらずこのスタッキングの形状のおかげでしっかりとフタが規定の収納サイズに収まってしもたっ☆(右下画像)
いやいや感動(笑) この間の男体山でメスティンの中にどう頑張っても収納しきれなかったメンツがみんなこのトレック1400の中に納まってくれるとは^^


さて本題です!

まずチタンじゃなくてアルミを選んだのは、確かにチタンは軽いし色もブロンズっぽくて良い感じだったのですが、熱伝導率を考えた事と、アルミとチタンでその差100gなのに値段が倍近くするんですね(さすがチタン!) で、スノピの店員さんとお話しして使用用途とか・・どんな感じでクッカーを使いたいかを話していたら{アルミ}とアドバイス頂けたのでこちらに決めたのでした^^

で、さっそく・・
とりあえずフリーズドライとかもあるけど手軽に手に入る


e0252707_995133.jpg

真空パックご飯

やっぱりお泊りになるとパンだけじゃ物足りないしご飯の糖って大事なんです!
このご飯・・・最初はクッカー類は買わないで手持ちのメスティンで具(?)を温めたりしている時に蓋においてやや温まればいいか?にしようと思ったのですが、なにぶん温かいものはできるだけアツアツ状態で食べたいタイプなので・・ 可能なら美味しく食べたいしできれば温められたら~なんて思ってたのですが


e0252707_9101030.jpg

ばっちり2パックIN!!


そしたらお次は具(?)


e0252707_9102832.jpg

とりま、レトルトカレー
あとはハンバーグとか色々温めるヤツありますよね。


e0252707_9104798.jpg

いえーい!これまた2人分OK!(^^)!
びみょーにちょっと頭が飛び出るけどスケなんてアツアツはダメだしそこまで究極には望みません^^;)

お次はやっぱり・・山頂で食べるのが鉄板といえば(うちはひたパンが多いけどw)


e0252707_911384.jpg

インスタントラーメン!


e0252707_9112158.jpg

2人分入って、しかも麺を割らないで済む<(`^´)>
だいたい調理の時、一人500mlのお湯だから溢れそうな手前になるけど、このトレック1400ならギリギリ1回で2人分のラーメンができるってことYO♪ ラーメンを湯がいて1分前位に火から降ろし保温調理し、その時すぐにフタをフライパンとしてお野菜を炒めていれば麺が出来上がってから野菜を乗せられてタンメンができあがるってわけデス) カップラーメンにしてもお湯を一度に2人分沸かせられます(^^)v


で、ちょっと調子に乗って検証をば・・

さっきやかんと出ましたが、私は山用にコールマンのケトルを持ってますが、実は


e0252707_9124283.jpg


キャンプ用にスノピのケトルno.1も持ってます。
このケトルがもしかしてスタッキングできるんじゃね?と思い、やってみましたが・・


e0252707_991985.jpg

ハンドル部があたり入らず・・
まぁ、入ったところでこのケトル1はステンだし重いから山には持っていきませんが・・
これはロングセラーなんですね~、、IHに使えるのにはビックリ(@@)


e0252707_993813.jpg

ね、同じケトルでもアルミとステンだとこれだけで100gも違うの。

本当はクッカーの悩んだ1つにこのコールマンのパックアウェイシリーズも考えたんですけど、あちらはあちらでセットも良かったんだけど480gだったかな?重かったのでした~

クッカーもね、最初にキャンプでぷさん用にって揃えたのあるんです!


SNOW PEAK PERSONAL COOKER No.1


e0252707_913395.jpg


122ビリーポット/φ122×70㎜・ ステンレス0.4㎜、
120ディッシュ/φ120×30㎜・ ステンレス0.3㎜、
132プレート/φ132×18㎜・ ステンレス0.3㎜、

フォールディングレードル/ステンレス

ケース/ナイロン

●収納サイズ:φ132×75㎜
●重量:300g


そう・・・あの頃は山なんて考えない、、、材質がステンなのよねー。そっか・・・no.1も既に廃盤品なんだ!大事に使わないとね~

ちなみに、セットアップしたければトレック900セット(アルミ or チタン)やソロセット‘焚’(アルミ) or ‘極’(チタン) の組み合わせも可能です<さすがスノピ(笑) 脱ピーカーとなってましたが、やっぱりいいね!って思えたものに久しぶりに出会えた気がします^^


さて、富士山では山小屋・・食事なしにて泊まります。さっそく何作ろうかな~と楽しみ☆
by puupon | 2015-06-12 10:48 | お山道具

山頂の大剣目指して

2015年5月23日

ずーっと登ってみたかった山の1つに日光男体山がありました。
男体山の山開きは毎年5月5日の子供の日!なんですが、どうもその時期はたいがい上の方が積雪がありアイゼンが必要という事と(アイゼンは2つ買ってはあるが未だ使ったことなしw) 紅葉の時期は渋滞のメッカでもある。そして何より車酔いといえばいろは坂(笑) こんなわけでなかなか行けなかったんだけど、今年はどの山も雪解けが早く男体山もアイゼンも必要なしでOKということと、なんだか急に{男体山いくぜ!}衝動が抑えられなくてとうとうこの日がやってきました^^


男体山は二荒山神社のご神体で登山というより「登拝」になります。山岳信仰の御山として関東第一の霊峯なんですって。

標高は2486m
標高差1200mをひたすら直登というまさに修行です--;)


あらゆるETC割引を使うために外環にAM0時超えて乗るよう出発!
たかだか500円が350円になるだけなんですが、ハリポタが放送されてたおかげでスケも起きていたしストレスなく出発♪ ところがどっこい!私の中で「日光=関越」という固定観念があったのです!(以前、日光白根さんを関越の沼田ICを使ったからでしょうか) で、ナビがそうそうと外環から逸れるように示すんですがそこに一瞬「銀座」の文字がみえたんです。前にエルのナビが関越だか東北を使うのにいちど首都高を入らせようとしたことがあって今回は私が以前乗ってたNOTEだったのにまさかそんなエスコート、お前もか~!なんていいながら外環を突き進んだんですね・・そして走ってると今度は看板が「大泉」しかでなくなって・・・おかしいな?なんで東北道に行かないんだ・・とドキドキ感いっぱい。ナビ任せにしたから地図も確認してないし、頭の中で日本地図を思い浮かべつつ「やっぱり違う!右側(東北道)から進み日光の有料道路に入るのに左側にいくんだ!だから東北道でマチガイナイ!でもなんで大泉の看板しか出ないのよ~」とヤバいと思い浦和あたりで一度外環から降りて地図を確認したらやっぱり東北道への分岐は過ぎてて(ちょうどCDを熱唱していたころ(゜o゜)) 150円の恩恵どころか通常料金より加算して払う羽目に(TT) で、改めて分かったのが外環から東北道に入る時は、その分岐点は首都高の分岐とも一緒になってるので外環から一旦逸れて、すぐ首都高と東北道で分岐があったってことが再発見!だから銀座の文字に拒否ることなくしっかり入っていればよかったと、学びました(あちゃー)

そんなこんなで運転再開・・スケは外環に乗る前にはすでにオネムzz 気ままにどこまでいこうかと走っていたらあっという間に栃木に入りこれまたハイウェイマップでちゃんと確認していないからどこのSAに寄ろうかとか頭に入ってないためPAに入り休憩しながら確認・・ハプニング続きで頭が冴えてるので日光方面の有料にいく一番手前で仮眠して時間調整することにしました。なんたって夜中にいろは坂なんて走る勇気ありません^^;)

と、すんごい前置きが長くなりましたが夜明けとともに再出発!大して眠ることはできませんでしたが30分位は記憶がないので良しとします(←いつどんな時でもこんなんなので寝不足とか問題なしです) 夜中にいろは坂は走りたくないけどスケが寝ているうちに走らないと酔われても困るので母は気を使います(笑) 
順調に二荒山神社中宮祠に到着!神社の登山者用駐車場(無料)に停めます(6時前に着きましたが第一Pは満車でした・・7時台にはきっと第二Pも埋まりそうです)


e0252707_12332423.jpg


登拝受付所はAM6時から
氏名を書き登拝料500円(子供300円)を払い、お守りと簡単な地図と林道の部分の簡単な説明をいただきました。


e0252707_1321272.jpg


登拝門から1合目までは石段と階段


e0252707_1324330.jpg


1合目からブナやミズナラの樹林帯の中を延々と登ります。


e0252707_1331385.jpg


2合目・・やっぱり見つけられず・・3合目まではずっと樹林帯
3合目から4合目は林道を歩きます。山にショートカットできるみたいですがここはちゃんと林道歩き。道路が2方向(林道に出て右折と右斜め上方面)あって一瞬迷ったけど右斜め上側に(木にちゃんと目印もありましたので大丈夫!)


e0252707_1455852.jpg


スケがお猿をみつけました^^


e0252707_1335041.jpg


4合目の登山口と鳥居が見えました!


e0252707_1342026.jpg


5合目
避難小屋あり。ここからがガレ場がでてきて急変します。


e0252707_1344726.jpg


6合目 標石見つけられず7合目にも避難小屋
ここら辺は岩岩岩の直登・・・日陰もないし真夏は2Lのペットボトルが1人1本必要なくらい大変そう・・
岩は大変だったけど、スケもやっぱ好きなのか大して行ってないボルタリングジムの効果がでてるのか思ったよりもヘタレなかったけど・・・2回くらい心が折れそうになってたかな(笑) 中禅寺湖がどんどん小さくなっていくのに登った感がでてわかりやすかった^^


e0252707_1351552.jpg


8合目
滝尾神社と避難小屋あります。大きな岩の下にひっそりと祠が。


e0252707_1354397.jpg


残雪少しだけありました~。
9合目森林限界を超えたのでしょうか、視界が開けます
一瞬、リフレッシュできるような緩やかな道があります・・・ホント一瞬(笑)


e0252707_136527.jpg


日光白根山がどーんと見えます。地図読み講習じゃないけど地図を出してしっかり確認
赤茶の火山礫が一面に・・まさに火山の山ってかんじです
山頂直下は日光白根山以上のザレ加減ですんごいしんどいけど富士登山にはもってこいのトレーニング!


e0252707_1363819.jpg


山頂~
2486m 日本百名山GET☆
二荒山神社の奥宮があり高さ4mでできた二荒山大神


e0252707_137519.jpg


とりあえず梵鐘をみつけて宝剣とスケを写真に撮りたかったので探したら発見!!とりあえず自分たちの場所を決めてザックをデポして最後の岩を登ります・・・空身って快適❤


e0252707_1373572.jpg


ランチタイムです。
宝剣の所からの眺め良好!人気の山だけあって沢山の人々がお昼休憩してました^^


e0252707_138755.jpg


スケお決まりのひたパンに、寒かったので暖かいお汁粉を山頂スイーツとして用意!寒くてレギュラーガスだとなかなか点火しなくて焦りましたが振ったり温めたりしたらようやく火が!今度からはライター持参と、あとはプレミアムなガスにしないと。そうそう、お汁粉にスライスお餅をいれましたYO!スイーツだけじゃなくパワーにもなるし甘くて美味しいし疲れもふっとびますメニュー☆

梵鐘を鳴らし無事に下山できますようお参りもして下山へ・・・


e0252707_1383853.jpg


苔むす樹林帯と新しい芽吹きに心を奪われます・・・が。

まず山頂直下からのザレ場は本当に落石にも注意したし足元ざれてるしガチで気力体力を消耗しました・・・で、こんなの登ってきたのかよ~と思いつつ岩場をどんどん降りていきます。降りても降りても岩場がでてきて・・正直、頂上まではさほど大変でもなかったと思えたけど、下山が果てしなく続く山様に最初の筑波山以来ですね・・・


心が折れました((+_+))


ですが、意外や意外、スケは下山でまったく泣き言も言わずひょいひょい降りてます。辛ーいといったのは


e0252707_1391528.jpg


雪だるま作って遊んだ時に手が冷たすぎた時のみ!!


e0252707_1394229.jpg


で、心折れながらなんとか林道についた時は対照的な私たち(笑)ホント写真見ると(画像右上w) どっぶり疲れてるカメさん・・じゃなくてダメさんな母^^;))

ところがどっこい!岩より高い母子登山最大の難所到来!

順調にきたかと思ったらここでいきなりクイズトークでの私の反応が気に入らなかったのか、スケが一気に反抗期モード突入しまして(滝汗) この後の樹林帯は一切写真を撮るどころかお互い視野に入るくらいの離れた距離で下山という、なんともいえない状況に。グダグダ時間がかかるわ~こっちはトイレにいきたいわ~でますます気持ちが離れていきながらも親として放置できる場所でもないのでグッとこらえてなんとか最後の鳥居へ・・・ここでスケが上からペースを上げて私に追いついてきて(ヤツの中では下山の時は一緒に!がポリシーらしいw) なんともいえない表情をしつつも(画像中央右) 一緒にゴール!!

まぁ、そんなこんなでまさに修行の山だけあって、ここを平然と登れるようになったらかなり登山レベルというか体力が備わってるんじゃないかと思います。

地図読みが苦手でも間違えようがないしそれこそ秋の紅葉時期なんて絶景なんだろうな~って思います^^

ちなみに表の二荒山神社側の開山時期は5月5日~10月25日で、開門(受付)時間はAM6時~正午までです。裏の志津乗越側からは通年登山OK。毎年7月31日~1週間は男体山登拝祭りがあり8月1日の午前0時から山頂目指して登り始める「男体山登拝」が中心行事で上でご来光みれるのかな~?とは思うけど、あの岩場を夜中に登るのは子供が小さいうちはやらない方が安全だと思います!


e0252707_1482723.jpg



おしまい。
読んでいただきありがとうございました^^
by puupon | 2015-06-09 14:15 | 日光男体山2015

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

最新の記事

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな