人気ブログランキング |

うさぎとかめの母子登山+スケ

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2代目ザック@スケ

しっかり山に行きそうなので、容量もUPさせて可能であれば小学校卒業までの相棒に



e0252707_7363842.jpg


ミレー マルシェ20L


初めて買ったザックに続き、今回もMILLETで決めてみました☆
話し合ってて初めて知りましたが、あまぶた式のタイプは好きではないらしい!

先代同様、エマージェンシーホイッスルもついてます。




大好きなおやつと、大きな夢をいっぱい詰め込んで、歩いて行こう♪
by puupon | 2013-09-25 07:42 | お山道具

山BOY誕生

HN  スケ


e0252707_731586.jpg



山BOYになるべく歩みだした小学2年生→現在小学5年生(2016)

特技:ゲーム

山登りのきっかけ
留守番に飽きたのもあるし、行ってみようかな?と思ったのかな(笑)

山登りのときのお約束
スポットダッシュをしない→さすがになくなった(笑)
うさぎの言う事をきく。弱音を吐かない

目標
上高地から涸沢へ初日で歩く!
茶臼岳リベンジ(2012年、強風のため途中撤退) → 2013.9 リベンジ成功☆
行けたら富士登頂☆→2015.7 無事登頂(強風のため剣が峰にはいかず)

男の子らしく岩場が好き(笑)
クライミングジムでコアを鍛えて、強い男になるために空手習いだしました。
by puupon | 2013-09-15 07:09 | 自己紹介

番外編~山小屋シリーズ~

つづきです



何を思ったのか、吉田ルートの数々の山小屋を殆ど写真に収めたのでUPします^^

TOPバッターは

e0252707_7101931.jpg

花小屋さん


e0252707_7124465.jpg

日の出館


e0252707_714109.jpg

山物価でもないね・・・


e0252707_7153148.jpg

トモエ館(7合目)


e0252707_7164783.jpg

山梨県富士山救護所


e0252707_718929.jpg

鎌岩館
ガイドさんのこのはなさくや姫のお話は印象的でした!


e0252707_7193475.jpg

富士一館


e0252707_725585.jpg

鳥居荘


e0252707_7211721.jpg

東洋館 
高級そうw


これより8合目


e0252707_7283357.jpg

太子館(素敵な山小屋でした!)
実は私よりおそらく少しお姉さんが1人で参加で、私は役員でお世話になった1期上のEちゃんにあまりにも感じが似ていたので勝手に親近感をもったし、色々お話もさせて頂いたり山小屋では偶然隣同士として助け合ったのですが、実はこの山小屋でこの夏はバイト(?)をしているということで、このツアーに参加なさったんですって!息子さんに内緒で教えて貰っちゃいました^^ マジで「千葉に姉妹はいませんか?」って聞きたかったくらいクリソツでした☆


e0252707_7303518.jpg

蓬菜館(ご来光を見ました~)


e0252707_7415087.jpg

白雲荘


e0252707_744092.jpg

元祖室


e0252707_7453450.jpg

富士山ホテル
昔はここまで荷物の配送があったそうです(滝汗))


これより本8合目


e0252707_7473099.jpg

本8合目トモエ館


e0252707_7531024.jpg

メニューが豊富です^^


e0252707_845778.jpg

胸突江戸屋(この看板の左後方だと思います(汗))



そして最後の山小屋は


e0252707_7573553.jpg

ご来光館



ちなみに、

須走ルートは7件(うち2件は吉田ルートと合流のため同じ)
御殿場ルートは6件
富士宮ルートは7件

この数の違いが初心者でも安心の吉田ルートといわれる理由の一つなのでしょうか。


ほんとにおしまい^^

長々と読んでいただきありがとうございましたm(__)m
by puupon | 2013-09-14 07:58 | 富士山2013

いざ、剣ヶ峰☆

つづきです



さて、とうとう日本のテッペン!日本中の誰よりも高い場所が射程圏内に入ってきました^^


e0252707_15461216.jpg


剣ヶ峰に登るには最後の鬼門!馬の背と呼ばれる急坂をひたすら歩みます



e0252707_15495761.jpg

馬の背



e0252707_15512345.jpg

馬の背直下


振り返ると・・


e0252707_15533241.jpg

絶景☆



e0252707_1555378.jpg



e0252707_1557584.jpg



剣ヶ峰

e0252707_15593790.jpg

とったどぉ~!
富士山もしっかり日本の百名山です。

これでうさぎとかめは百名山の中の一番高い富士山と、一番低い筑波山を制覇しました☆



e0252707_1635295.jpg


さ!噴火口の方へ一度下りながら吉田口山頂へ経由して、山小屋へ帰ります。



e0252707_1672026.jpg



e0252707_1684057.jpg



e0252707_16102674.jpg




こんな最高の天気の中、無事山小屋まで下山できました。実は、たった1か月しかたってないけど、山頂から山小屋までの記憶があまりありません^^;) ただ、うさぎがこんな・・↓・・


e0252707_16144177.jpg


フル装備なので、たったかたったか小走り状態で下山したのは、8合目からではなくて山頂からもやっていたのかな。。。
あー、そうです!ひざに負担がかからないように小走りするような下山方法をレクチャー頂いたのでした。ゲイターもしっかり装着して砂埃対策。マラソンは大嫌いなんですが、この小走り下山は私はいつもTOP集団で、しかもうさぎは後方にいるのにおもしろおかしく走っていたのでした(笑)


山小屋についてまず外で貴重な雨水とブラシを配布されて砂やほこりなどの汚れをざっと落としました。

夕飯はカレーは変わらず。


e0252707_16185785.jpg

メインが魚に変更。


消灯です。

が、22時を過ぎたころ、うさぎが気持ち悪いと訴えてきました。何度かトイレにも行ったけど吐く事も出来なかったようだし、ガイドさんや添乗員さんにいってもしょうがないので、とにかくゆっくりと深呼吸をしつつウォークマンで音楽でも聴いているしかないと伝えたら3時間後くらいに良くなったと{ありがとー!}って起こされました←せっかく寝れたかめだったのに(爆)

起こされたついでにトイレに行った時は外はすっごく寒かったんですが、昨日に続き星空が綺麗でした☆


翌朝もまた4:15起床 4:30集合

だから無理だっつーの(笑) 初日よりかは眠れたけど、3時間も寝れませんでした。これはもう性格だからしょうがないのかな。実はこの時、4時頃に先にトイレに行っておこうと小走りで往復したら、酸欠状態になってここへきて急に気持ちが悪くなりギリギリまで横になってました(><)

残念ながらご来光を期待するのはほど遠い小雨模様。しっかりと身支度をしたのにレインウエアをだしてしっかり雨対策です。ハルカは寒かったらしくダウンを着てました。
雨なのでカメラはザックの中にしまいました。
雨だから休憩も短いしみんな早く下界にいきたい気持ちがあったのでしょうか、ペースがすごく速くて山小屋(本8合目)から5合目までは3時間で降りてきました。ガイドさんや添乗員さんもこんなに速いのは初めてですって言ってました。ただ、予定よりも1時間も早かったのでバスがきてなかったんです。なのでゆっくりお土産などを選ぶことができました^^

ここでガイドさんと添乗員さんと撮った写真は一生の宝物です☆


帰りは山中湖で温泉。
1泊のツアーだと温泉タイムが混雑時と重なるらしいのですが、私たちのように2泊ツアーだと温泉があくと同時に入るのでガラガラの快適でした^^

うさぎはラーメン食べてました。私はもちろん・・・氷入りのアイスコーヒー(笑)
私は登頂記念にこっそり用意してたものをコソコソだしてプレゼント♪


e0252707_16203741.jpg

登山の汗と汚れをさっぱり落とした後の綺麗な靴下は最高です(笑)



忘れられない思い出になりました。


e0252707_16284513.jpg




e0252707_16302858.jpg




理解ある家族に、そして一緒に目標の為に2年間歩んできたうさぎに心からの感謝を!




おしまい・・・じゃなくて、番外編に続く^^;)
by puupon | 2013-09-12 14:29 | 富士山2013

お鉢めぐりへGO

つづきです


富士山の火口をぐるりと回るのが通称「お鉢巡り」と言いますが、私はずっと噴火口のくぼんでいるのがすり鉢のようにくぼんでいるからなのかと思ったら、実は違うんですねー!
実はこのお鉢の中には8つのピークがあり、この8つのピークを巡るというのでお八めぐりをもじってお鉢めぐりとなったという説もあるそうです。お鉢巡りは1周約2.4km


e0252707_13455053.jpg




ちなみに吉田口山頂から時計回りで紹介しますと

大日岳(3750m)
伊豆岳(3749m)
成就岳(3733m)
駒ヶ岳(3715m)
島岳 (3740m)
剣ヶ峰(3776m)
白山岳(3756m) → 崩落が激しくて今は頂上まではいけません。


以上、トリビアでした~♪


ではレッツゴー



e0252707_13471187.jpg



e0252707_13482973.jpg



e0252707_13503869.jpg



e0252707_13515069.jpg

女の子、頭痛いねー(><)
山頂についてから高山病にかかる人も珍しくないようで、ツアー参加者の中にも3人ほどダウン気味でした。。登ったからといって油断は禁物なんですねー。


e0252707_1355835.jpg



e0252707_13562525.jpg

雲が下から迫ってくるようです・・


そんなこんなで富士宮ルートの山頂です

e0252707_135869.jpg



e0252707_1404816.jpg

御殿場ルート・富士宮ルート側の山頂鳥居

御殿場ルートは頂上までの距離が一番長く過酷、そして富士宮ルートは頂上まで最短ルートであるが故に急登の連続。しかし私は、次は富士宮がいいですね~。


e0252707_1455276.jpg

山頂郵便局


e0252707_1474186.jpg

お仕事お疲れ様でございます~♪
奥に2段ベッドとかあるんですねー(驚) うさぎとかめもしっかり事前にかもめーるを買って宛名を書いて「富士山にのぼったよー!」とちゃっかり既に書いてあるハガキを窓口にだしました!山頂だけの消印があります^^ そうそう、7月30日にだしたら8月1日にはハガキが着いたとそうです(関東)。意外と速いんだー!


e0252707_14112083.jpg

(笑)

e0252707_14144649.jpg

郵便局全景


そして少し行ったら


e0252707_14161377.jpg

富士山頂上浅間大社奥宮

うちの近くにも浅間神社ってあるしどこにでもあるのは知っているんだけど、その浅間さまの総取締みたいなのがここになるそうですYO


e0252707_14185320.jpg



さ、次はいよいよ剣ヶ峰です☆



つづく
by puupon | 2013-09-09 13:29 | 富士山2013

9合目~遂に山頂へ!

つづきです


9合目} 標高3580m


e0252707_12105332.jpg

山梨県と静岡県をまたがっていますが、県境がありません。

実は富士山の8合目以上は神域とされています。
富士山頂上浅間大社奥宮の境内なんですね。で、富士宮ルートは富士宮市内にある富士山本宮浅間大社と奥宮を結ぶ浅間大社奥宮参拝道。・・・そうです、富士山は信仰の山{霊山}なんですよ。なのでどっちの県のものだ~なんて言えないのですね。


e0252707_1212348.jpg



e0252707_12134562.jpg

可愛い山ガールファミリーの姉妹。小学校低学年ですねー。


e0252707_12231799.jpg

万年雪


e0252707_12245380.jpg

頂上がすぐそこなのに遠い!


e0252707_12263417.jpg

エセ鳥居?(笑) 山頂の鳥居じゃないのに勘違いして喜ぶ人も^^;)


e0252707_1228731.jpg



そしてついに・・


吉田ルート山頂} 標高3715m


e0252707_12295055.jpg

登りました! 
ちなみに、富士山は吉田・須走・御殿場・富士宮と4つのルートがありますが、これら全ての山頂の標高はミナイコー!の3715mです(初めて知りました~)


e0252707_12353976.jpg



e0252707_12323487.jpg



この後はお昼休憩です。
山小屋ではラーメンや豚汁を買っている人たちも沢山。

私たちは行動食が余っていたのと自由研究(山頂でお湯は何度で沸騰するか?)をしなくてはならなかったので、山小屋から出て外のベンチとかでガスをいじっていたり(→時間もないし人ばかりだからガスバーナーを焦ってうまく扱えずに断念(><) 帰宅後すぐにロックを解除を忘れていたことに気が付きました)

私はご褒美の缶コーヒー(500円!)をリッチに飲み、山バッチを購入・・日付の刻印もいれてもらいました!ハルカはミニ金剛棒に焼印いれてもらったりお土産を買ったり♪



さてこれからお鉢めぐりです。そうです・・ミナナローの剣ヶ峰は、ここから反対側にあるのです。



つづく
by puupon | 2013-09-09 12:32 | 富士山2013

ご来光~胸突き八丁

つづきです


起床4:15
集合4:30

無理がありますでしょー(汗)
他の人が寝ているから朝は用意しちゃダメと言われてましたが、ほとんどの人が3:30ごろから頑張ってコソコソと用意を始めてます^^;) できるだけ前夜にやりますが、やっぱり見直したりあとはトイレに。2泊で同じ山小屋ですので山頂~お鉢めぐりに不必要なものは寝床に置いていけます!それでも重かったけどね~(苦笑)
集合して点呼後、山小屋からヘッドライト装着で少し登ったところ(よりおひとつ上の山小屋(蓬菜館))からご来光をみるらしく出発☆ ご来光待ちの人たちが沢山!そしたらなんと!


e0252707_10574427.jpg


偶然!超偶然!!
大菩薩嶺でガイドさんをしてくださったSさんとばったり!!一瞬???って感じだったけど、ツアーで子供を連れた母子ペアって意外と少ないので記憶に残ってくれるんですよね(笑) そして手を取り合って再開を喜ぶ私たち(笑)
大菩薩嶺の時には「いつかは富士山に」と目標を語っていただけに{私たちもここまで成長しましたー!}とご報告☆でもすぐに「体調とかどうですか?」って。ご自身もガイドとしてツアーを率いているのに、私たちのことを心配してくださったのにはびっくり!

その時に「夕べ、頭重感で念のため薬を飲みました」と言ったら


そうですか・・・と(ちょっと気になる表情)。その後出てきた言葉は

標高の高い場所で念のために薬を飲むと、薬が効いているがために実は高山病にかかっているのに気が付かない場合があるという。体全体が鈍感になっていることがある→高山病ってわかった時には体調の悪化が進んでいる場合があり。なのでこれまで以上に自分の体と向き合って、これから進んでくださいね^^

と、アドバイス下さいました!

Special Thanksデス。


ではご褒美の日の出までしばし待ちます。
ネックウォーマー・ニットの帽子・ウインドブレーカー・手袋で防寒対策必須です。


e0252707_11125819.jpg



e0252707_11164748.jpg



e0252707_1110161.jpg




e0252707_11183973.jpg

ご来光です☆


さぁ、出発です!(←え?感想とかは?(笑))
邪魔した雲もいましたが一気に明るくなりヘッドライトも必要なくなるほど!夜明けってあっという間なんだ~。



e0252707_1126636.jpg

八ヶ岳もおはよー!


e0252707_11322435.jpg

須走口ルートからご来光の人たちもおはよー!


e0252707_11283344.jpg



e0252707_11304858.jpg



e0252707_11361699.jpg

よし、8合目ラストの山小屋だー!


e0252707_11381814.jpg

あと少し!


e0252707_11395891.jpg

もう少し♪


標高がどんどん上がっているので

e0252707_11411098.jpg

山寄り(左側)の山塊は中央アルプスです。甲斐駒ケ岳もみえました!(右側の山塊は八ヶ岳)



本8合目} 標高3360m



e0252707_1145871.jpg



e0252707_1146382.jpg



8合目の後は9合目~♪♪ が、世の習わしだけど、富士山ではまぁ「本」がでてきました(笑)
この一気にモチベーションダウンとかしちゃうってこともあり{胸突き八丁}という言葉が生まれたのでしょうかね~。

e0252707_1148153.jpg

まぢか・・


ちなみに胸突き八丁とは

頂上まで八丁(872m)の険しい道。また急な登り道。
転じて、物事の一番苦しい時、正念場の喩え




e0252707_11542362.jpg



e0252707_11561769.jpg



疲れるけど景色は


e0252707_11574396.jpg

最高だったりします^^



つづく
by puupon | 2013-09-09 11:19 | 富士山2013

7合目から山小屋へ

続きです


花小屋までやってきました~。
怪我なさった人に合わせてゆっくり休憩してから出発~


上をみる


e0252707_1545436.jpg



下をみる

e0252707_1561385.jpg



花小屋山を皮切りに、吉田ルートならではの山小屋がここからどんどん出てきます。(できる限り写真は撮ったので後に山小屋編だけUPします)


7合目から8合目は岩場が続きます!


e0252707_15175632.jpg


e0252707_15191360.jpg


e0252707_1520206.jpg


e0252707_15211817.jpg


e0252707_15221374.jpg


e0252707_15232228.jpg


e0252707_15245120.jpg


e0252707_15255986.jpg


e0252707_15272020.jpg




さて山肌が赤土になってきました。富士山特有の溶岩だか関東ローム層だとか、そこら辺は正直わかりません^^;)


e0252707_1535317.jpg




すると上の山小屋の屋根に乗っているお兄ちゃんがガイドさんと何やら大声で話し始めました!そうです、やっとこさ宿泊する山小屋に到着☆

の前に山小屋直下の


e0252707_15384383.jpg


ひとふんばり(汗) ←私テキにはここが一番急だった気がします~



8合目


e0252707_15394340.jpg

ついた~


山小屋は2階の大部屋みたいなところが私たちのツアーで貸切になってました。真ん中通路で両脇全て2段ベットになってます。ツアー参加者同士で計らいはありましたけど、基本的に山小屋に入った順番から奥につめていきました。2畳に3人くらいかなぁ、、こちらはマムートのマミー型シュラフ(寝袋)が1人1つ用意されてふかふかでした^^ 耳栓しなくちゃ寝られないとか事前情報でありうさぎには用意しました。私はどうせあまり眠れないだろうからとウォークマンを用意したけど、思ったよりも皆さん静かでうるさいいびきとかもなかったです。二日間とも、、とても運が良かったのかな^^


チャチャッと身支度をしたらすぐにご飯!

e0252707_15473620.jpg



e0252707_15483826.jpg



ご飯後は各自荷物の整理したり休んだり。
ここ太子館は最初にトイレ使用料を払えば宿泊中は無料で使えるというので良かったです!暇だからトイレに行ったらとてもきれいな夕焼け空だったのでゴロゴロしているうさぎさんを呼びました


e0252707_15531673.jpg



e0252707_15543974.jpg



睡眠すると呼吸が浅くなるので寝ていて起きたら高山病になっていることもあると説明がありました!隣の女性は横になると気持ち悪いからと体育座りしたりリビングの方にいったりしてました。私も2時間も寝てないと思うけどこの方はほぼ完徹だったんじゃないかなあ。

案の定、私も22時過ぎくらいに頭重感を感じたので念のためバファリンプラス(笑)を飲んでおきました。が、後にこの判断は吉とでるか凶とでるか・・・



つづく
by puupon | 2013-09-05 15:59 | 富士山2013

念願の富士山<プロローグ>

2013年7月30日から2泊。
うさぎとかめは念願だった富士山へむけて出発☆
かめこと私は緊張のせいかトイレに何度もいくし、駅まで送ってくれるとーちゃんもなかなか起きずにで、うさぎさんはイライラしてたかも(苦笑)

まず千代田線。
知らないおじさんが走り出したので私は直感的に{電車がきたんだな!}と一緒に走り出す→うさぎさんは私が「行くよ!」といった声が聞こえなかったのかダッシュが遅い(まぁ、ザックが重いからしょうがないけど)。
千代田線なのにこれを逃すと次が20分も待たねばならないと思い、ドアが閉まるアナウンスもなっているけど決死の覚悟でホームから電車に足を一本つっこみ誰が見ても「後から走ってくるんだな」ポーズをアピールしたら、注意されもせずに待っててくれたという、思わず嬉しい!地域を走る単線とか田舎ならそういうのもあるんですがまさか千代田線が許してくれたとは!と感慨深いが、やってはいけない危険な行為です、はい(反省)


で、新宿に行くために一度乗換~。


自分のトレッキングブーツの紐に足をひっかけてダイナミックに転んだカメ(爆)

カメラをぶらさげていたのでダイレクトにレンズがホームに当たってしまった!同時にレンズをかばおうと一瞬だしたであろう右の二の腕も強打したんだけどそれよりも{レンズ、やっちまった~(TT)」と恐る恐るレンズを見て1枚写真撮ったら奇跡的に大丈夫でした(号泣もの)


その1枚がこれ


e0252707_8152886.jpg

コワレテル?

多分壊れてない(TT)
本当に終わった~と思うようなぶつけ方をしたので、マジで「浮気せずに君を一生大事に使っていくよ!」と思った瞬間(2週間後のキャンプではニコン1を持ったことは極秘)
でも・・どことなくずっと緊張していたのが、このすっころびで自分で大笑いしたのをきっかけに緊張の糸がほぐれて結果良しとなりました(笑)

無事、25分前に新宿到着~。

近くのコンビニへ、荷物番をするため一人づつトイレ&バスの中でちょっとしたおやつをゲット。私と同じザックのおば様から声を掛けられて2日間4649の挨拶☆

私たちは2泊ですが同じはとバスツアーの1泊の人たちも同じ集合場所。はとバスツアーだからって全てが黄色いはとバスを使うわけじゃないんだ!と、はとバス自体乗ったことがなかったので初めて知りました^^  私たちはもちろん↓


e0252707_8253788.jpg



e0252707_9472336.jpg



平日だから道路も渋滞なく順調~♪ SAで一度休憩したのち高速を走っていたら


e0252707_851157.jpg


バス内歓声(笑)
富士急ハイランドを横にすると熱望の眼差し@うさぎ


なんだかんだで5合目到着!


e0252707_857941.jpg



体を高度順応させるために1時間半のフリータイム。
{世界遺産登録}されたばかりもあり、5合目はまるで銀座のようなにぎわいでした(汗) とにかく外国人とツアーバスばかり^^;) ハルはミニ金剛棒を買いました^^

では出発です!


e0252707_92114.jpg


初めてでも安心の吉田ルートです


e0252707_933942.jpg



e0252707_962042.jpg



馬も歩けば~


e0252707_951395.jpg




6合目


e0252707_974418.jpg



試験的に入山料(富士山保全協力金)をとる制度を7月25日から10日間実施しました。任意ですが、私たちも一人分w 
バッチも4種類あるとか聞いたけど1種類しかありませんでした(残念)ルート別だったのかなぁ、、後日調べたら基本一人1000円からでこの期間でおよそ3400万円集まったとか。



e0252707_9104936.jpg

キッズも頑張ってます!
今回のツアーは37名の大所帯だったのですが、うさぎも含めて小学生が4人でした。ちょっとガスってます。


ここで富士講さんと遭遇


e0252707_9131461.jpg



山岳ガイドさんとお話しした後に、私たちの登頂を祈願して一曲歌って(?)くれました


e0252707_9144238.jpg


ありがとうございました~♪


うーん、ガスってますが雨じゃないだけラッキーと思える今日この頃。


e0252707_9154446.jpg


平日だからこの程度だけど週末は大変かも(まず、スバルライン辺りから混みだして5合目の駐車場渋滞が1~2時間あるそうです)

ここら辺の登山道は


e0252707_9194152.jpg


こんな感じ。ひたすら平坦でびみょ~に登ってるかな~って感じです。ここで油断してスピードUPすると・・あとで泣きます。


{7合目}

最初の山小屋に到着です!


e0252707_9221049.jpg



この間、私たちは列の後方を歩いていた70過ぎのおじさんが石を避けようとした際にバランスを崩して柵のロープを越えて3mほど転落してしまうという事故が起きました。山岳ガイドさんを始め添乗員さんと、そしてちょうど近くにいたはとバスの添乗員さんもかけつけて素早い対処をしてました。

最初に悲鳴が聞こえたのですが、虫でもいたのかな~?と振り返った時にはおじさんが転げ落ちているのを目撃したので、本当に怖かったです。ザックが重かったのも転落に繋がったのかもしれないけど、ザックがなかったから転げ落ち続けてしまうという命にかかることになってしまいます。

ここからけが人のおじさまが先頭に。
花小屋で応急処置をし、歩く速度から休憩の回数など変更になり予定よりも2時間近くかかりました。雨が降っていたら私たちも低体温とか具合も気力も下降するので、不幸中の幸いでした。



つづく
by puupon | 2013-09-05 09:32 | 富士山2013

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな