うさぎとかめの母子登山+スケ

カテゴリ:竜ヶ岳( 1 )

初めての雨登山

2012年11月17日


半年を経てようやくレポ作成w 記憶を辿ってみたいと思います。


またまた旅行会社‘クラブツーリズム’とアウトドアメーカーである‘NOCE FACE’のコラボツアーに行ってきました!


まさかの雨、そしてまさかのカメラ忘れという、なんともモチベーションが下がる登山w だってこの前後の日は晴天だったの~(TT)


集合場所は新宿


e0252707_9274915.jpg




受付を済ませコーヒーを飲んでいたら大菩薩嶺の時に添乗員さんをやってくださった方が声を掛けて下さいました(驚) この日は添乗員ではなくて案内のお仕事だったらしいですー。



さて、出発~。

目指すは竜ヶ岳・・標高1485mの山で富士山が一番近く大きく見えるという山。
天候に恵まれれば富士山はもちろんのこと、駿河湾・伊豆半島、北西には八ヶ岳・その左には南アルプスと360度の大パノラマの眺望が期待できるそうです。初心者から1歩進んでスキルアップを目指す山と、なんかの本に書いてあったので興味津々♪・・ただ、雨を除けばですが。



ちょっとの渋滞ですみました。最初の休憩は談合坂。



e0252707_9284534.jpg



愛犬サプリですって。



e0252707_9291895.jpg



それにしても休みのたびによく食べるうさぎw
この子の気になる所は登山中には水分以外殆ど補給しないんですよね。私とまったく正反対!私は(というか普通は?)登山中は結構行動食摂らないと逆にいけないような気もするんだけど。。

そんな爆食な中バスは中央道を走り登山口のある本栖湖キャンプ場へ。この時点で標高920mでキャンプ場は森林が多いから夏は涼しいんだろうな~。

もうね、バスが付いた時点でレインウェア必須状態だった雨登山。その中でツアーお決まりのストレッチをします。カメラ忘れたけど振り続ける雨なので持っててもバスから出さなかったと思うなー。眺望も0だし(ガクッ)


私のダナーはこれでもか!?ってくらい雨水とか水たまりとか試練があったけど浸水もせずゴアテックスの威力絶大だった。が、ハルの方は確かに水たまりをよけずにどんどん入っていくし一応ゴアなのに浸水も徐々に始まってたらしくて最後は開き直りで幼稚園児のように歩いてました。

で、ここで失敗して助かったのがハルのぽんちょがまさかの7分袖だったのでガイドさんやノースの方たちも雨に当たって冷たいんじゃないかって何度も心配してくださりました。知らないで富士山いっちゃったりしたら大変だった(叫) 防寒のためハルだけでなく寒そうな人たちに軍手の配給。後々濡れるから逆に冷たかったけどw 


数時間歩いたところで、雨も降り続く、風も強いという所でもうあと20分も歩けば頂上☆というところで下山の判断がくだりました。今回、人数も多かったのに加え初登山のような女性も数人いてツアーのデメリットが露呈しました。待っている間に体は冷えるし、後半はペースの遅い人を先頭にするんだけど正直遅すぎて、雨は降ってるしホント辛かった。当然文句は言えないし諦めるしかなかったんだけど、ちょっとカチンときたのが他の登山者に申し訳ないという姿勢もなく、、ちょっとじゃねーなw かなり頭にきたのは下山した時にノースの他の人たちが豚汁を作って待っててくれたんだけど、その人たちを見るやいなや{ただいまー!}って先頭で元気に手を振って挨拶するってどうよ!?って私はかなりキタんだけど。しょうがないのはわかってるし、ハルの方が大人な対応(見ざる聞かざる言わざる)で感心したんだけど後日談で


「もう、ツアーでは登りたくない」


って言ってました^^;)



で、その下山後ww

山頂へ行けたとしても雨のため、お弁当はバスに戻ってからとアナウンスがあったんです。
隣のおじさん、行きに早ベンしちゃったから、何も食べてなくて気になりました^^;)


e0252707_9295028.jpg


このおにぎりの1つ、うさぎが食べましたw ね、よく喰うんだこれが。


で、温泉。


e0252707_9303553.jpg



ワタクシ、なんということかせっかくの温泉なのにのぼせてしまい、気分が悪く早々とあがりました。



食後のアイス~


e0252707_931334.jpg



山岳ガイドさんと自販機の前で風呂上りにしばし歓談。
冷たい中頑張ったうさぎさんとのこれまでの登山や、富士山を目標にしている事、ツアーのデメリットや個人ガイドさんのメリットなどお話しさせていただきました。

ちなみに竜ヶ岳とは、富士五湖の1つである本栖湖の南側にある山で、旧5000円札や新1000円札にも描かれてます。
そんな竜ヶ岳、以前は藪がひどくて地元の人も途中までしか登らなかったらしいんですがその後{元旦にダイヤモンド富士が見られる}ことがわかって、登山道が整備され2000年の竜年から急に登られるようになったそうです。


晴れていれば歩く距離約6kmで4時間半位で登れる山です。

首都高を使わないでどうにか中央道に行けたなら、自分たちでまた登りたいな~と思ってます!もちろん・・・




晴れの日にw
[PR]
by puupon | 2013-04-26 08:12 | 竜ヶ岳

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな