人気ブログランキング |

うさぎとかめの母子登山+スケ

カテゴリ:妙義山( 2 )

スケの岩修行 後編

前編からの続き


さて大砲岩へGO!
e0252707_11042658.png

取り付きだけ足の置き場が?だったみたいだけど1歩目教えたらあっという間に登っていきました(汗)っつか、画像右中・・・大砲岩の先にうつぶせになったと思ったらなんて言ったと思いますか?


ここでゲームできたら最高だね


はっ?
こやつのゲーム脳にはAIも敵わないだろうな(笑)

e0252707_11075251.png
大砲岩をクリアしたら「胎内くぐり」
ここでも最近滑落死されているのでやろうとしたら止めさせようとしたんですが「のぞいたらクモの巣があるからやだ」と勝手に引き返してました。びっくりしたことに「胎内くぐり」に行く時に(画像右)左に柵があってそこを渡るんですが、右は切れ落ちてるのに柵なんて手にしないでスタコラサッサと渡りきりやがって、さすがにガミガミいいました・・・かくいう私はここは渡ってません。手すりもてば渡れるけどなんとなく拒否(笑)

e0252707_11115526.png
予定してた第三石門から見晴台を経て中之嶽神社をぐるっと回る予定でしたが、私が「大の字」の下に行きたいと頼んだので、ここは来た道をピストンすることにしました。
内心つるべさがりをあがるのか~とか思いましたけど・・・スケは「ザック降ろしていちど登ってきていい?」といって自主トレしてました(汗)

そんなこんなで登山口到着し、車道を通り金色のお方のところへ・・

e0252707_11155913.png
高さ20m重さ8.5トンの日本一のだいこくさま・・・しかも剣もってる(笑)
この剣で病や厄・悪霊をやっつけて福を招いてくれるらしいです。
中之嶽神社のながーい階段はお互い何も言わずまた今度にすることに(==;)
お土産屋さんで山バッチ(大砲岩バージョン)とソフトクリーム買いました。このソフトクリーム、私の好きなレディーボーデン風で美味しかった~。

車に乗って妙義神社に移動です。
大砲岩から妙義神社のほうに延びる中間道があって歩いていけるんですが(現在は崩壊箇所があり途中封鎖されてます)、駐車場戻るのにこの道路を歩くのイヤだなーって思ったから車移動で正解だったわ^^;))

e0252707_11264988.png
妙義神社到着~。
こちらのながーい階段はしっかり登りきりましたYO
画像左上の木は天狗の腰かけになってますね。実は3本並んでて御本社にいけないときに参拝をする場所になっててパワースポットのようです。3本の杉の木の中央にある石の上に立ち御本社に向かうと沢山のちからをいただけるそうです(御本社とは階段を上がった先の建物(画像右下)です)

この後は「大の字」に向かったんですが、本家サイトにも書いたように山ビル大パニックになりまして。道の駅みょうぎでお昼食べてお土産買って、帰りにどこかSA寄ろうと思ったけどスケも寝てたのでノンストップで娘たち&ワンズが待つ義実家にいったので15時のおやつには到着してたんじゃないかな。


さて妙義山を終えて・・
スケ的にはボルダリングだと決められた場所のホールドをつかんだりするところを、リアルな岩場鎖場だと好きなところに手や足を置けるというのがかなり楽しかったらしくスピードも速いので逆に怖さがないものかと心配になるほどでした。
最初はちょっと怖いかも?と思ったみたいだけどあとは全然。下見て怖くなかった?と聞いても「ママを待つときに下見ただけだから怖くない」とか、ね(悔)

e0252707_11494226.jpg
以前ガイドさんに「山やってる小学校高学年の男の子ならお母さん置いてかれちゃいますよ」と言われたことがあってまさかそこまでは?と思ったけど、いやはやお母さんびっくりです(笑) 
今回は私が今まで岩場のツアーや奥穂で得た岩山攻略知識を全てスケに言い続けましたので、これなら問題ないかな~と。あとは持久力と臆病な気持ちが足りない気もします。


さ!次なる岩山は今期スケが行きたがってた八ヶ岳主峰「赤岳」です。
後はお天気を祈るばかり^^;)))

e0252707_11492618.jpg
読んでいただきありがとうございました☆


by puupon | 2017-07-11 12:04 | 妙義山

スケの岩修行 前編

2017年7月2日
群馬・・というか日本の三奇勝の1つであり、上毛三山の1つでもある。
妙義山は白雲山・金洞山・金鶏山の三峰からなってます。

e0252707_09440244.png
いつもどおり、夜中のうちに手前のSAで仮眠、目覚めと同時に出発し、目指す登山口「中之嶽神社駐車場」を目指します。着いたのは5時半くらいでしたが第一駐車場は開門6時にならないと開かないようです・・・ちなみに少し道なりにいくと第二・第三がありましたが歩きたくないので(笑)第一駐車場の入り口で開錠待ちしました。
開門してスケを起こしつつ立派なトイレ(画像右下)を済ませます。
いつも関越走って群馬をすぎたころから上信越に入るとゾクゾクするような山容の山が並んでますが、やっと間近にみました。ほんと、ギザギザ(笑)
去年うさぎと愛犬ぷうすけと軽井沢にいきましたが手前の松井田妙義でどれほど降りたかったか^^;))
e0252707_09524475.png
スケを起こして食べさせて出発!車で来た道を戻るのですが中之嶽神社の鳥居の向こうにあるあの金色のお方には帰ってきたら挨拶にいきましょう(笑)駐車場をでて鳥居を右に行き10分足らずに登山口到着。
本日は石門巡りと大砲岩目指します。

e0252707_09560018.png
7時、まずは第一石門へ。
最初の鎖場は「かにのこてしらべ」
こてしらべ・・程度なんですが岩は濡れてて滑る滑る!これから沢山岩場鎖場でてきますが実は意外とこのこてしらべが一番「まじか?」って感じだったかも。むろん、スケもほぼほぼ私からのお下がりしたてでただ平地を歩いただけの登山靴だし、私もオニューな靴だし、何より体も起きてませんからね・・言い訳です(笑)

e0252707_10015306.png
画像右上はなんかレリーフがありました。名前忘れちゃった。
次の鎖場は「かにの横ばい」  とにかく滑るので要注意!!

e0252707_10052729.png
「たてばり」登って第二石門をくぐった後に「つるべさがり」
狭くて下がる時の一歩目は私は怖かったですよ・・スケはスイスイいきますね(汗)
つるべさがり、高さ30mくらいあるんじゃないのかしら。


e0252707_10085311.png
お次は「片手さがり」
片手で下がろうとしたので注意しました(滝汗)
第三石門の分岐にきましたが突き当たりというし帰りにかすめて帰ろうと話してここはまず第四石門へいくことに。

e0252707_10134561.png
7:50石門広場に到着。ちょっとゆっくりめ?なのは、私の何より大嫌いなクモ(しかもみたことないような姿のやつ)がいまして・・・朝イチだからクモの巣とかも顔についたりだなんだで時間取られてます(汗)画像右が第四石門の間から見える大砲岩・・・果たして大人でも乗れない人がいるのに、私たちはどうなんでしょうかね。
少し休んで、それでは大砲岩に出発!が、なんか石門くぐって右に行ったら行き止まりだったんだけど、ずいぶん良い景色のところでしたね~

e0252707_11500127.jpg
南牧村かな?
第四石門にもどり仕切り直しです!

e0252707_10210293.png
大砲岩に行くためにUP DOWNがありまして、特に名もなき鎖場とかでしたが結構な岩場でなんで名前つけないんだろ?なんて思いましたけど^^))

e0252707_10242320.png
「天狗のひょうてい」(画像左下)

果たしてスケは合格かしら?
向こう側にみえる山の一部が削られていて、思いのほかなんでなんだろ?と疑問を感じてました・・・秩父のほうならセメント作るために掘削されてるんだろうけど、どうなんだろうね?としか言えない(恥)

ここからみえたのは

e0252707_10291066.jpg
中央に駐車場があり白粒が我が愛車のティーダくん
そしてこれから向かう

e0252707_10303781.jpg
中央やや右にある筒みたいが「大砲岩」

向こうにみえる平べったいのが荒船山ですね。右の直角なのが「艫岩」にあたるのでしょうか・・・。昨年、お母さんと小学生の男の子が滑落してお子さんがまだ見つかってないのが心に残ります。。(カメさんの荒船山行レポはこちら
艫岩同様ここも安全柵なんてありませんから、気を引き締めなければ!!


後編につづく



by puupon | 2017-07-11 12:02 | 妙義山

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

不帰嶮は遠く 後
at 2019-09-06 07:44
不帰嶮は遠く 前
at 2019-09-05 16:06
北岳で愛(?)を叫ぶ 後
at 2019-07-09 15:42
北岳で愛(?)を叫ぶ 前
at 2019-07-09 13:40
疲れを残さない体を作る
at 2019-07-02 20:39

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな