うさぎとかめの母子登山+スケ

カテゴリ:日光男体山2017( 2 )

やっぱり辛い日光男体山 後編

前編からの続き


お昼にしたいスケに「これから混むんだから先に行くんだよ!」と向かった先は


e0252707_17502810.png

男体山といえばやっぱりこの大剣
この剣がある岩の下にザックをデポり「空身って本当に素敵☆」と二人でガツガツ登ります(楽しい~♪)で、うっかりザックから取り出すのを忘れたけど取りにいくのも面倒だからおにぎり像?とリアルおにぎりなしで2ショット(笑) 結構ここ並びますからね!男性の人と写真を取り合ってからお昼・・・の前にやっぱり


e0252707_17534551.png

画像左)鐘を鳴らさなきゃ(笑)

では眺めがいいところを見つけてお待ちかねのお昼休憩~。スケはテッパンのひたパン。私はまずカフェオレとそして山頂スイーツで大好きな笹団子を持ってきました^^ メスティンでふかそうと思ったけど余計な荷物も行動もやめとこうと思い、冷たいままで(でもうまうま)


e0252707_17565657.png

上から)中央の真っ白は会津駒ケ岳 その左手に尾瀬のひうちヶ岳
真ん中)一番高いのが日光白根山 ひうちの左後方にうっすらと至仏山もみえます
下)中禅寺湖と戦場ヶ原。湖の方向に乗鞍が見えるっていってたなー

少しゆっくりしたいというので私は山座同定しにいって知らない方と談笑しつつ聞いて戻ってきたら


e0252707_1813899.jpg

なんか手が・・・瞑想?(笑)


e0252707_1822530.png

では絶景が名残惜しいけど下山開始しましょー(AM11:20)
帰りもゆっくり景色を眺めたり雪を触ったり。いろんなところに雪だるまが作ってありました^^


e0252707_184101.png


途中最大のアクシデントが・・・
スケがどうしても両足の小指が痛くてしょうがないと。どうしても下山だから靴の中でも足がつま先に寄ってしまうから、意識してかかと側に重心かけて・・とかいっても数十分すると止まります。次は靴下の縫い目が当たってるからというのででは靴下をずらしてクルッとして縫い目が当たらないように・・とか色々模索をしていたんですが、結局のところ


登山靴自体のサイズがもう小さくなっていた


んです。そうよね、、うさぎさんが小4の時に買ったんだもん。スケは既に小6だし、どう考えたってきついし。去年辺りから履いていてちょいユルだったから今年は当たり前のように履かせたけど、足のサイズだけは末っ子のままではなかったのだ(笑)不幸中の幸い、私は逆にここ数年若干足が小さくなったのもありちょっと交換してみようとやったらスケはいい感じとのこと。私は履いたそばからキツイのを感じたけど、どちらかが苦痛を強いられるのであればここはやはり母親である私が堪えるべきである・・・で、靴をチェンジ(画像左上)

ただでさえ下山に心を折られている2年前なのにかなり痛みがしんどかったけど(ガチで裸足で下山したかった)、ずーっとしりとりをして下山しました(笑)2年前、しりとりが原因で確か喧嘩したのを、スケなりにやり直したかったのかもしれません。。(リトマス紙さっき言ったよね!?なんて大人気ないこと言ってませんよ(爆))

で、ようやっと下山~(PM2:35)
足は痛いしガレ場はしんどいからコースタイムよりも遅かったけど、最後まで少しの事でも言い争うこともなく下山することができました。綺麗なシャクナゲですよー!(色がもっとピンク濃いのにぃ!登山靴泥落とし洗い場の所に咲いてました)

あとはね、、実は水分が不足する事態になり、ほんと脱水寸前だったの。二人してペットボトル500を1本づつしかもたず。でもスケは山頂の時点で飲んでしまい(汗) 私はまだそこで半分残ってたので渡したんです。あの天気での登山は500だと2本づつ+1本予備で持たないとダメですね。とりあえず車に走り飲み物を~とダッシュ、、、道中車内で飲んでいたお茶などあったので二人してゴクゴクして飲みました(笑)あ、ちゃんと車にダッシュする前に山バッチ買いました。前回何を買ったのかを忘れたのでおるつばんしているうさぎさんに(テスト前休み中でした)ラインで社メを送ってもらいましてかぶらないように、、、今回はまさか桜がみれるとは思わなかったので


e0252707_18191082.png

桜の柄のバッチに。綺麗に咲き誇っているのは境内にある桜の木


今回の男体山。
今年はスケが6年生でじっしつ母子登山の集大成なので、喧嘩して終わっていた男体山だけは登りなおしたかったんです。だから天気も良かったし(良すぎたし)本当に良かった。


e0252707_1826293.png

真ん中) スケの大好きな日光白根山

日光で始まり日光で終わる年もまた良いかしらね^^


e0252707_18252625.jpg



読んでいただきありがとうございました。
[PR]
by puupon | 2017-05-23 18:26 | 日光男体山2017

やっぱり辛い日光男体山 前編

2017年5月22日
2年ぶり2度目の日光男体山に挑戦してきました(前回レポはここをクリック

今回は高速は間違えなかったけど(笑)登山者専用駐車場に入るところをあれ?ってスルーしてしまったのでそこをまずはレポります。
清滝ICを下りて第2いろは坂を経由しR120を走ります。真っ赤な大きな鳥居をくぐった後に


e0252707_16273352.jpg

こちらの鳥居が二荒山神社中宮祠なのでここを右斜めに進みこの鳥居をくぐりますと


e0252707_16295212.jpg

この案内がすぐあるので第一Pが空いていたら右折


e0252707_16304684.jpg

この建物は宝物館。
登山者専用駐車場(第一)は宝物館の裏手にあります。ちなみに前回停めたのは第二P。案内をまっすぐいくと左側に数台並べて停められます。ちなみにR120をあれれ?と少し進むと


e0252707_1633742.png

道路沿いに駐車場ありますがこれは登山者用ではなく参拝者用です。道路左手は中禅寺湖。
画像右下は6時にならないので門があきません。
「男体山に登ろう!」となってアクセスを調べればわかりますが、東照宮がある二荒山神社ではなく(日光の観光っぽく栄えているところ)、登山口はあくまでも中宮祠(華厳の滝側)であるのでお間違いなきよう。


では話はもどして駐車場に到着。スケはまだ寝ているので散歩したりWCいったり(トイレットペーパーは持参しないとありません→盗る人がいるらしい) 


e0252707_1637614.png


パンを食べていたら周りの方たちも準備してます・・6時の開門に合わせてですね。車のナンバーはみんな東京・千葉が多かった!いい加減スケを起こしてとりあえずおにぎり1つだけ食べさせて登拝受付をするために並びます。男体山がくっきり見えると同時に「あんなとこまでいくのかー」の思いも(笑)
そうそう、境内?を散歩していたら{牛石}というものがありました

平安時代より男体山登拝のために栄えたこの土地は明治時代以前まで厳しい掟があったそうな。中でも馬返しより上は牛馬禁則の結界で、これを破って牛を引いてきたところ石にされたと伝えられるそうです


では登山開始♪(AM6:12)
今回は○合目が記されてる石碑をコンプリートしようと思ってます!


e0252707_16501083.png

1合目から3合目

ついに2合目をみつけましたYO!!なのに逆光でみえにくくて残念。。
3合目から4合目は林道です。


e0252707_16515274.png


画像右上)みえにくいけど小さい紫色の花が群生してました。そうそう、白根葵もちょうど時期だったようでアナウンスしてました。あと、ずいぶん虫がおおかったのでミントスプレーをシュッシュして歩きました。スケは汗っかきだから余計ね、、。この直登ルートは中禅寺湖の大きさがどんどん小さく見えるようになるのを比べてみるのもまた励みになります(笑)

はい、この鳥居がみえてきたら林道終わりでここからが山道開始です。

e0252707_1655214.png

4合目と、5合目にある避難小屋みたいなのです。4合目の石碑は鳥居をくぐってすぐ右側


e0252707_16572714.png

6合目です。
休憩多いです(汗)景色も堪能できるからいいけど。


e0252707_16583282.png

7合目と8合目(瀧尾神社が祭られてます)

うんざりガレ場が続き忍耐忍耐。でも、ちょっとした


e0252707_170622.png


画像右下)オアシスに匹敵するフラットな道があるんですねー(一瞬だけど)。ゆっくり息を整えながら進みます。この頃から残雪がみえるようになりました(中禅寺湖、ちょっと小さくなった?) ガレ場もだいぶ落ち着いたと思ったら次はザレ場になると同時に火山だったことの証明かのように赤い砂利に変化してます。いつの間にか森林限界も超えてますね。


e0252707_174949.png


もーー砂利も階段もマジでしんどいしんどい・・・と必死になって歩いていたらなんと!!


9合目の石碑を見逃したーー


だって・・


e0252707_1774939.png

日光男体山登頂~(AM10:28) しちゃったの(笑)

小学生も5・6人いましたけどうちよりみんなペース速かった。鳥居の所でおにいちゃんが妹の頭を叩いて泣いてたり--;)) でもお父さんは登頂の記念写真撮りたくてねばるけどお母さんに「このタイミングで撮ることないでしょー!」ってキレられてました(笑)大人だって余裕なくなるほど体力勝負な男体山であることをうかがわせます(笑)


e0252707_17103410.jpg

うちは笑ってハイチーズ(^^)v

すぐ座ってご飯を食べたがりましたが「違うのよ!先に行くよ!!」と向かった先は・・



後編につづく
[PR]
by puupon | 2017-05-23 17:34 | 日光男体山2017

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな