人気ブログランキング |

うさぎとかめの母子登山+スケ

カテゴリ:槍ヶ岳( 2 )

憧れの槍サマ~5年目の挑戦~後

前編より(←click here)


薄暗い中、下山開始です。
人生初、ヘッドライトをつけながら歩きました。ツアーだから前後の人のライトの光もあるし助かった部分もありますができるなら暗い中ヘッドライトで歩きたくないな~なんて思いながら・・・。あと、下山は上高地に下りるルートなので往路とは違うんですが、こちらから登ってくるほうが辛くないか??と隣のおじさんとかとよく話しました^^ 性別はもちろん、住んでる場所も年齢も違う人たちですがなぜか楽しく話せるのが山のアルアル(笑)

足元がだんだんみえるようになったら日の出です。
モルゲンロート(朝焼け)

e0252707_08303261.jpg

e0252707_08283250.jpg
e0252707_08294724.jpg
奥のうっすらは常念岳かな?
素晴らしく綺麗でした。
上高地BTまで約23km。このツアーで一番杞憂したのが最終日のこの距離を9時間で歩いてこれるか。

e0252707_08324709.png
終わってみれば歩けるもんだな!ってことと、歩かないとバス乗って帰れないから倒れても歩けってこと^^;))
スマホで撮ってないけどしっかり徳沢ロッヂで有名すぎるソフトクリーム食べましたYO☆あれほど美味しいソフトクリームは・・・ないね!って2年経った今でも思います(^^)v

徳沢からはツアー列じゃなくフリーになりました。偶然同じ市内からきてた女性と歩きましたがパワースポットブームなのもあり穂高神社奥宮がある明神池によりたいというので付き合いました(私はお金かかるから外のベンチで待ってましたが(笑)) その後、かっぱ橋まできてお互いお土産とかも買うし余計な気も使わないようしばしお別れ。
帰りの23キロを楽しくあるけたのは間違いなく


e0252707_08335905.jpg
仲間のおかげ!!


日本百名山著者の深田久弥氏が

「いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わないものはないだろう」

と綴った槍ヶ岳。

いつかスケをこの頂に連れて行きたい。他の山から見えるたびに思う。同じくらい思うのが「ほんとにあそこに登ったのか<アタシ?」ってこと

e0252707_08351873.jpg
2年も前のレポなのに読んでいただきありがとうございました!


e0252707_08344804.jpg
おしまい



by puupon | 2015-09-12 08:59 | 槍ヶ岳

憧れの槍サマ~5年目の挑戦~前

2015年9月

登山5年目、日本で5番目に高い山に挑戦して来ました!

ルートは新穂高温泉から。初日はロープウェーの脇の林道歩きを経て白出沢出合ー滝谷出合ー槍平小屋まで。上高地ルートよりも距離が短く(といってもほんの僅か(笑))、健脚者ならやろうと思えばその日に頂上につけるルートになってます。ただ、途中、沢があり天気によってはあっという間に増水し通行不能、、私たちが行った時も数日前に渡ろうとした人が流されてしまって命を落とすという事故がありました。ちなみに、ツアーでいったんですが同じ行程で8月にもツアーが催行されたんですがここの沢が増水しツアーが中止になったとガイドさんに聞きました。

当日、新宿集合・・特急あずさで一路松本へ。そこからタクシーにのり新穂高温泉まで行きます。松本では暑くて嬉しい悲鳴だったのに新穂高に着いた時には小雨が降り続き初日に泊まる予定の槍平小屋までレインウェアが脱げなかった記憶があります^^;)))


e0252707_07093471.png
槍平小屋ではツアー参加者の一人が誕生日ということで添乗員さんと現地ガイドさんがこっそり背負い上げてくれたらしい美酒とおつまみなどを夕食後任意で食堂?に集まりサプライズお誕生日会をやりました♪
この時のお誕生日会の主役の方こそ、1年後に私と奥穂高に登ったみゆきさんになります。この時はそんな話もしなかったんですけどねー(笑)
この宴会の途中でトイレにいった方が星空すごいよー!というので外にでたら本当に降り注ぐような満天の星に天の川・・・裸眼でみたのは人生初☆

翌朝、山頂に向けて出発~



e0252707_07123248.png

私、ほそっ(爆)))*このレポは2年後の2017年に書いちょります^^;))))
せめてこのくらい体重落とせたらいいなーと万年ダイエッター。この2年で4kg増えたかな。。2日目は飛騨沢ー飛騨乗越ー槍ヶ岳山荘。
画像右下、飛騨乗越ついたときにどーんと現れた槍さま!!これは感激・・・槍といえばやっぱ


e0252707_07170838.jpg
槍ポーズ(笑)

槍ヶ岳山荘について添乗員さんとガイドさんが話し合いをします。
このまますぐ登るのか、とりあえず昼ごはんを食べてから登るのか・・・天気もいいし人もそんなに混んでないからすぐにアタック開始になりました(この時のガイドのおじさんがイミフな人で色々すったもんだあったのがツアー参加者と添乗員さんの仲が深まった所以^^;)


e0252707_07163539.jpg
デジカメで撮った画像は前ノートPCに入れておいたのに急逝してしまったので、これらの画像は前スマホからどうにか飛ばしてきたやつなので、いきなり山頂直下のはしごになりました^^:) 高所恐怖症の私・・・写真でみるほど怖くはないんですがとにかく
「下見ない!体を(梯子から)離す・三点支持」
これを梯子やる間はずっと唱えてました(笑)

で、山頂(笑)

e0252707_07201255.jpg
笠ヶ岳と槍ヶ岳山荘

山頂で20分くらいそこにいた全ての人と感動を分かち合います(笑)そしたらすぐ傍までレスキューヘリが旋回・・・どっちだかわからないけど尾根で滑落した方がいたようで探してました・・・無事引き上げた後はあっという間に飛んでいきました。
では下山します。梯子から下りる時の最初の1歩が怖いんだよねー


e0252707_07184844.jpg
梯子をクリアするとこんな感じ。途中少し渋滞があったので横にあった

e0252707_07230019.jpg
子槍キター・・・アルペン踊りはできませぬ。が、クライムオンしてた人いましたねーシンジラレナイ。無事山荘まで降りてきたら夕食まで自由です。

e0252707_07125891.png
夕食は4回転くらいだったかな、すごい人でした。大部屋なんだけど隣3人女性になりひとりがみゆきさんでもう一人が偶然同じ市内から参加だった方・・連絡先頂いたんだけどそのままになっちゃったな。。
みゆきさんが散歩行こうというので3人でいき槍がよく見えるスポットとか教えてもらって撮ったのが画像左なんですが便所サンダルはいてます(笑)
談話室で本を読みに行ったら山を始めた頃のバイブル(画像右下)がサイン入りであったり、もう一人いたツアーの女性になぜか頂いたコーヒーとチョコで have a brake(←キットカットじゃないし・笑)

散歩の時に見たらありの行列かのように山頂に向かう人の列(汗) 

e0252707_07244364.jpg
人の列、みえるかな?下から上までのルートがはっきりわかります(笑)

疲れはあったけどやはり先に登っておいて良かったー!添乗員さんが「はしごで‘セミ’になりたくないですよね」って言った意味がわかった瞬間(滝汗)


後編へつづく



by puupon | 2015-09-11 07:27 | 槍ヶ岳

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

不帰嶮は遠く 後
at 2019-09-06 07:44
不帰嶮は遠く 前
at 2019-09-05 16:06
北岳で愛(?)を叫ぶ 後
at 2019-07-09 15:42
北岳で愛(?)を叫ぶ 前
at 2019-07-09 13:40
疲れを残さない体を作る
at 2019-07-02 20:39

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな