うさぎとかめの母子登山+スケ

カテゴリ:天城山( 2 )

初めてのソロ・ツアー参加後編

さて、ランチまでの前編の続きです~。



さて、天城山といっても天城山という山の名前のピークはなく最高峰の万三郎岳(1406m)・万二朗岳(1299m)・遠笠山(1197m)などの天城連山の総称で日本百名山の1つです。


お昼を食べ終わったので出発です~。




あせびです。



感じで書くと馬酔木・・・馬が酔う効能の葉っぱなのでしょうか?(笑)




有名なあせびのトンネルです。時期がバッチリだったら凄そう!




馬の背(1325m)到着~








来た道を振り返ると


万三郎岳が!


これから向かうのは



万二朗岳









万二朗岳到着~!(1299m)


で、次の写真がなんと!




お疲れ様でした(滝汗)

になります。
実はこの日の前に行った同ツアーで、年配の女性が調子を崩したりツアー特典でランチタイムに時間を取ってしまったために日が暮れるのが思ったよりも早くてヘッドライトが必要なくらいになってしまったとか。で、今回は女性も多く(比較的男性よりも女性の方がとっとと歩くらしい(笑)) メンバーをみるとわりと速いペースでもいけるんじゃないかというガイドさんと添乗員さんの判断でトレランまではいきませんがかなーり速いペースで一気に下山となったのです。もうね・・景色を堪能するどころか前の人にくっついていくので精一杯で。例えるなら競歩ですかね(笑) ツアーとしてはどうよ?ってなりますが、これはこれで面白かったし自分がどれくらい歩けるのかとかわかって良かったと今になって思います^^;)


ちなみに・・・ここまでの画像がなんだか一回り小さくUPされているのですが、一度通常通りにブログを書いてほぼかきあげた時に間違って全て消し去ってしまいました007.gif で、時間をかけてUPした画像たちはアップロード済になっているのでそれをどうにか使いたいのですがやり方がイマイチわからないで悪戦苦闘。どうにか貼り付けられたと思ったら小さくなってたというわけです--;)

そんなこんなでお店もないし山バッチも諦めるしかない感じでしたが、せっかくきたのに何もしないで諦めるのもイヤだったのでどこで山バッチが売ってるかはリサーチ済みだったので(はとバスの添乗員さんも何処で売ってるか知らないみたいだった)、思い切ってお願いしたら後から7・8名もやはりついてきて皆さん無事GETしてました☆
トイレも済まして次なる目的地は温泉にレッツGO!


e0252707_2295120.jpg

海が綺麗~


e0252707_2214182.jpg

懐かしい風景って感じ


e0252707_2216130.jpg

お風呂に到着♪


e0252707_2217258.jpg



e0252707_22183468.jpg



サウナや水風呂、露天風呂ではジャグジーみたいなのもあってゆっくり入りました。ツアー参加者の人たちと色々な話もできて勉強になりました。


初めての単独でのツアー参加でしたが、たまたま隣になった参加者とはこれまでの登山歴や目標など色々山の話などをお互いが話すので、これはこれで発見もあり良かったです。とはいっても、少しづつ経験も積み子供と一緒に登山をする親として責任ある登山ができるようにステップアップしていけたらなと思いました。そしていつも一緒にいてくれる子供たちの相手をするのも悪くないもんだな~って改めて感じることができました^^


約4か月も放置してしまいましたが、これにてレポおしまい!


e0252707_22342112.jpg

浜松町のはとバス集合場所にはクリスマスツリーがありました015.gif
[PR]
by puupon | 2014-04-07 22:37 | 天城山

初めてのソロ・ツアー参加前編

2013年11月20日

伊豆の名山である天城山に登ってきました。
初めて子供たちを置いてソロにて登山。もちろんツアーで参加でございます^^


e0252707_2075590.jpg


今回は富士山の時に好感触だったはとバスさんにて



出発したので早速


e0252707_2092587.jpg

前夜ににぎっておいた


e0252707_2010461.jpg

おにぎりを食べる^^
母を見て、おにぎりって朝早起きしてにぎるものだと思っていたのですが、お友達とかお弁当とかで前夜ににぎってそのままお昼に食べるんだ~と聞いてびっくり!朝の時点で温めもせず持って行ってはたして美味しいのだろうか?と自分で確かめたいのもあったので今回初めてやってみたら、これがまたウマイ(笑)おにぎりってやっぱり原点というか、ホッとする美味しさがわかるようになったお年頃^^;)


窓から


e0252707_20143737.jpg

富士山イエ~イ☆


そんなこんなでバスは天城高原に到着
トイレ休憩や準備運動(ストレッチ)などして


e0252707_20155441.jpg


登山開始です!


e0252707_20172318.jpg



e0252707_20184659.jpg



e0252707_20195534.jpg

ツアー参加者はほぼ全員女性だった記憶が・・。男性がいても2人位だったと思います。


こういうのを・・


e0252707_20222782.jpg


「根こそぎ」って


e0252707_20233829.jpg


いうんでしょうね


e0252707_20245031.jpg



e0252707_20261442.jpg



e0252707_20274981.jpg


殆ど樹林帯なので眺望はなかった記憶が・・というか、ペースはやや速です。


e0252707_20292182.jpg

むきだしってこれが語源?(笑)


申し遅れましたが・・


e0252707_2030401.jpg

シャクナゲコースです


e0252707_203222.jpg

小休止) もみじが綺麗~!紅葉の美しさを知ったのは高尾山に行った時から。


e0252707_20333262.jpg

鹿害かと思ったら、どうやらこういうつるっぱげの木なんですって。ヒメシャラとかうっすら聞こえた記憶が。ガイドさんの近くに過ごしていると色々説明を聞けるのですが、オバサマたちはいつの間にか早いので(笑)私など若輩者はいつも遠くの方で話も聞かずに適当に過ごします(爆))

ちなみにマメ知識です↓ 
この木は山で見られる木の中でも特に樹皮がすべすべしているためにサルスベリと呼ばれることがある。標準和名をサルスベリとする植物は観賞用の樹木であるが、全く異なった植物であり、本当のサルスベリが日本の森林内に姿を見せることはない。また、同様の場所に見られる樹木ではリョウブも大きくなると樹皮がすべすべになり、サルスベリと呼ばれることがあるが、やはりヒメシャラの方がすべすべ感が強い。(wikiより)



e0252707_2036162.jpg

階段も時々あります


e0252707_20372880.jpg

ちょこっと富士山


e0252707_20384965.jpg

万三郎岳に到着~(1405.3m)


ツアーの日程表では万次郎岳→万三郎岳と進むのですが、風が強かったことなど考慮して山岳ガイドさんが予定を変更し先に万三郎岳になりました。ここでランチタイムです。お弁当は支給です~♪


e0252707_2040197.jpg


お一人参加も多く、たまたまお隣になった人とはお話しするんですけど、やっぱりうさぎやスケがいないと手持ちぶたさというか・・。自分の用意だけでいいからラクっちゃ~らくなんだけど、なんとなくね。なのであっという間にごちそうさまをして


e0252707_20443350.jpg

看板や


e0252707_2048296.jpg

一等三角点など写真を撮ってみる(笑)




長くなったので後半に続く・・・
[PR]
by puupon | 2014-04-07 20:59 | 天城山

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな