人気ブログランキング |

うさぎとかめの母子登山+スケ

2019年 05月 11日 ( 1 )

天気もルートもグルっと鍋割

2019年5月4日

昨夏、丹沢表尾根に行ったトリオで今回は鍋焼きうどんが有名な鍋割山に行ってまいりました!とはいえ、鍋焼きうどんは食べませんが。Aさんとは陣馬山いらい1カ月ぶり、ANさんは長期海外出張から帰ってきて3シーズン以来ぶり。今回は元気に山頂立てるようにしないと!ってけっこうプレッシャーです(汗)

大倉尾根から登って西山林道に下りるか、その逆かで相談。最初は夏じゃないしリベンジもあるしと大倉をおした私ですが、よくよく地図をみてみるとやっぱ逆だわ・・鍋割山稜に分岐する前に2度は心折られるんじゃないか?と「やっぱり大倉は下山で!」とあっさり覆すワタクシ(滝汗)5kmある噂の林道歩きは確かに得意ではないけど林道終わりからのルートは前にツアーで登っているからなんとなくはわかるので精神的にラクなのもある。とはいえ全行程16.8km、コースタイム6時間55分と侮れません!とにかく今回のめあては「山頂でノックダウンしない」「食べられなくなる前にとにかく食べて歩く」なのでリベンジもくそもない(爆))

というわけで渋沢駅で8時くらいに待ち合わせ。臨時バスもでそうだけど、待つことなく乗ってしまう!なぜならリーダーのたんざわーらであるAさんが「今日は午後から雷あるかもしれないから極力よけいなタイムロスはしない」と周知・・・本当に天気が良すぎてたし真夏じゃないし大丈夫だよーとは思ったけど、Aさんがいうんだから従います!(おそらく余計なタイムロス=私の体力もかかってるはず(泣))

e0252707_08280249.jpg
大倉バス停に到着。WCを済ませ今年は既にでているというヤマビル対策として塩やスプレーをぬりたくります
8:35出発 鍋割山・二俣方面に歩きます。看板はあるし道も迷わないと思います。秦野市の「しだれ桜の里コース」にあたるようです
画像下中)9:43 ゲート通過
ここ見覚えがある!ってツアーの時はここまでタクシーできたわ!


e0252707_08281335.jpg
9:54 二俣通過
ヤマビル用に塩が置いてあるクリアBOXあるけど空っぽでした(笑)
2か所、川を渡っていくと水が入ったペットボトルが沢山!鍋割山荘で作ってる鍋焼きうどん用の水を担ぎあげてくださいってことです。こちらに「GWは鍋焼きうどん1500円」って紙にありビックリ!もともと食べるつもりなかったけどつい「高っ」って思う。ここを通過するとやっと登山道らしくなっていきます


e0252707_08282327.jpg
画像上)ガレ場がでてきて一瞬?って思うかもしれないけどちゃんと見渡すと道標があるので心配いりません。樹林帯の中にはいっていくと丹沢らしい木の階段。前日までけっこう雨降ってたらしく地面もぬかるんでるし木の根は滑りやすいのですが、立派な木の根なので足の置き場に注意すれば滑る心配もない。やっぱり派手さはないけどずっとジャブをくらっているようにジワジワくる。相変わらずAさんとANさんはポイントポイントで私を快く待っててくれます(笑)

e0252707_08283580.jpg
11:40 鍋割山山頂~!!1272m
山頂手前の10分くらいは真夏日のような太陽を背中に受けてびっくらこいた!が、山頂ついたらそれほどでもなく富士山もみえず。ま、雨が降ってないだけ良しとしよう!Aさんの淹れてくれたコーヒー、珍しくお砂糖入れてみたけどやっぱ疲れた体に糖分は染み渡りますね。ここのロケーションも悪くない。

e0252707_08285114.jpg
当然ぷぽ☆にピントが合ってるけど、ぷぽ☆がいなければあちらのペアだけ写してたらガイドブックに載りそうよ(笑)
うどん待ちで混んでる山荘に入りあんま愛想のよくない店員さんにバッチを頼む。新柄は売り切れてもう1つは持ってるから残りの1つ・・鍋割山バッチではなく丹沢山塊ってバッチだけど「やっぱいらない」とは言えない雰囲気だったのでGet(笑)混んでるから仕方ないだろうけど、そこが山だろうとなんだろうと客商売じゃないの?って思う(別に燕山荘ほどは望まないけど)

12:17 大丸小丸尾根を歩いて金冷シ(塔ノ岳方面)へGO

e0252707_08290489.jpg
金冷シまで2.2kmです。でも気持ちのよいトレイルで


e0252707_08292801.jpg
まさか山桜にお目にかかるとは思いませんでした!!

そしてまさか山頂から30分も歩いてないうちにどこから聞こえるゴロゴロ音!?ポツポツ雨も降ってきました。12:41の景色を最後にスマぽんはザックにしまいました。すぐ止むかと思ったけど途中レインウェアの上だけ着ることに。

金冷シについた時には塔ノ岳から下りてくる人たちで列をなしてました・・体力次第で塔ノ岳行って下りるって話も出てましたが、私は即決で金冷シから下山する意思を伝えて下りることに。100均のビニールカッパやポンチョとかの人たち・・大人はいいけど子供たちは本当に可哀想でした。きっと私と同じで雨など疑わなかったからちゃんとしたレインを持参しなかったのかもしれない(レインウェアは他のものを置いて行っても必須です!)。結局、頭上で雷鳴は響き渡るし、雨だけじゃなく雹(ひょう)まで粒大きくて痛いし、ピカって光ると同時に音が鳴るから本当にすぐ真上で、私は心の中で「登山道の中央を歩き木の下に行かず。本当に怖くなったらしゃがむ・耳をおさえる・かかとを上げる」ってANさん(体力はあるけど登山歴は少ない)に伝えました。ちなみに金冷シからトリオの先頭は私に。下山が苦手なAさんは下山だけなら私は速いのをご存知です(笑)

北穂から暴風雨のなか下りてきてる私は、自分が思っている以上に難なく下りることができました。あ、ここ多分滑る!って足をつく前にわかるのでしっかりスティックでバランスもとれたし尻もちつくこともなく。足が踏み入れない個所は小さいタピオカが敷き詰められてる風にみえる雹の塊。下山渋滞でしたけど雷と並走している状態だったので悠長に並んでる精神的余裕はなくちゃんと脇から・・要は歩きにくい道でしたが、誰かに迷惑をかけるような下り方もしてないと思います。

大倉についた時は風も冷たいし寒いし超満員バスですぐ帰りました。そういえば、丹沢名物?のキャサリンたちがいなくなってたな。電車に入ってスマぽんをみたら神奈川・横浜に警報がでてました・・どうりで(汗)そして次の日お友達からライン「大丈夫だよね?丹沢っていってたよね?」と聞かれたから何かと思ったら、あの雷で命を落とされた方がいることを知りました。




Aさんは「雷がくるかもしれないと思ってたから中止にするべきだった」と反省されてました。私やANさんはもちろんそんなことないと言ったし雷がくるかもしれないと思って早め早めな行動を心がけていたのは間違いないんだから、問題はないと思ってます。だって〇〇の危険要素がくるかもしれないといって何もしないわけないはいかないじゃない。スケが「〇〇があるかもしれないなんて言ってたら、山なんか行けないよね」って言ってました。




e0252707_08293860.jpg
本当によかった。
雷が誰に落ちてもおかしくなかったあの状況で、無事に下山できたこと。
落雷により命を落とされた方のご冥福をお祈りするとともに、これからもヤマノボリするなら雷だけじゃなく様々な危険要素に対する知識を学んでいきたいと思いました。

おしまい
読んでいただきありがとうございました。




by puupon | 2019-05-11 07:30 | 鍋割山2019

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

最新の記事

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな