うさぎとかめの母子登山+スケ

修行でしかない北穂 中



前編より


涸沢小屋でラーメンを食べて暖をとったら、身支度準備!まずはここからはヘルメット装着!そしてストックをザックにとりつけます。

いざ!

e0252707_15161695.jpg
ちょっ、ちょっと待って!!すみません、ガッツリとスマぽんを仕舞います(汗)

せっかくの北穂の南稜ルート、後々自分の為にも写真に収めておきたいのは山だけに山々ですが(笑)しっかりと頭に叩き込みます。どこが危ないとか・・どこも危ないので、とにかく一歩一歩慎重に油断することなく・・のみ。

本家ブログにチラッと書きましたが・・


ある時からガイドさんに放置プレイ(笑)されてました。ガイドさんはおそらく見てはくれてるだろうけどアドバイスの一切を同行者のもう一人にしぼり、私はマジでその様子をしっかりみてついていくしかありませんでした。どうしてこうなったのかを帰りの横尾でのWC休憩の時にガイドさんが教えてくださったのでハッとしました。

それは最初での鎖場の時。
傾斜40度ほどの一枚岩があり、ガイドさんが先に鎖を使わず左側から登りまして同行者に鎖を使って上がるよう指示、上から様子をみてアドバイスするようです。で、頑張って登り切ったので私が「行きまーす!」と調子に乗って鎖を使わないで上がろうと3歩目くらいだったかな・・・腰の高さくらいから左足滑り落ちまして(滝汗)瞬時に心の中で・・いや、ちゃんと口ずさみながら「はい、しっかり鎖使います。山の神様すみません、調子に乗りました。ここは穂高ですな」と、次は鎖を使ってなんなく登れたのですが、とっとと先に行ってしまったと思ってたらなんとその一部始終を上からガイドさんが見てたんですって!!

「涸沢からの一枚岩の鎖場覚えてる?」

って言われ、あー、はいはいあの場所ですね、、って素知らぬ顔で返答したら

「あそこで滑ったよね?」

と。そんなことこんなタイミングでいわれ恥ずかしいやらしてたら

「あれですぐ鎖を使って登りなおしたでしょ?あの行動で放っておいても大丈夫だと判断したんだよ。見てないようで、見てるでしょ?オレ(笑)」と。

「あーいう時、意地でも鎖を使わないで登るタイプの人もいるんだけど、そういう人は放っておけないんだよ。」

確かに雨の日は要注意ってだいたいの山ブログに書いてありますね。そんな鎖場でした。

話は戻して、どのくらい忍耐力を試しながらひたすら歩いたんだろうか(笑)降り続く雨の中だから休みが多くても体が冷えるし・・同行者の調子をみてちょっと休憩。少し雨がやんできたのでここでスマぽんを取り出します。空をみあげたら梯子(傾斜60度くらい)を発見!空に突き進むかのようなその梯子を登りきると南稜の稜線にでるそうです(突風注意開始)。


e0252707_15162751.jpg

e0252707_15163697.jpg

そうこうしてたら少し雲が飛んでいきまして、足もと


e0252707_15164900.jpg
(画像中央下より)赤い屋根は涸沢ヒュッテ。


e0252707_15384243.jpg
これが北穂東稜、通称「ゴジラの背」だそうです。あそこからも山頂アタックできるそうですが、一般人はやめておきましょう(汗)


e0252707_15385088.jpg
涸沢カールを上から望む。
雲の中に涸沢岳と奥穂方面。こちらからは奥穂の姿は望めなかったけど、奥穂チームは一瞬晴れた時に北穂の山頂が見えたらしく、手を振ってくれたそうです(笑)


e0252707_15393567.jpg
このタイミングで奥穂チームは登頂したんだろうなー。


e0252707_15400496.jpg
たかが200m、されど200m。


e0252707_15401473.jpg
前方を歩いているお二人は関西からの甥っ子さんとおばさま(50ちょっと位かな)。甥っ子さんのご両親は涸沢で待機。北穂を目指すおばさまを連れて登ってました。スケもいつかあんな青年になって私を導いてほしー(笑)

そして・・・

e0252707_15434213.jpg
北穂高岳(3106m)3106m) 登頂~!!
コースタイム3時間のところ4時間20分くらい?(滝汗)
途中、心が折れそうになってガイドさんに叱咤されてた。岩場の時に足を上げきれなくて手でやってた!すごく嫌な人だったらムカついたけど、すごく良い人だったので、イライラよりも頑張れ!の気持ちを保てられたので良かった。
後方に見えるのが{南岳}と知ったのは小屋についてなんだかんだして南岳が雲に隠れていっさいの姿が見えなくなってから(TT) あんな近く(っていうかすぐ隣!?)に南岳があるとは思わなかった・・・南岳というか南岳小屋に行きたいのですよねー天気が最高のときは360度夕焼けの絶景を堪能できるそうです(ガイドさん談)


後編につづく



[PR]
by puupon | 2018-09-30 15:56 | 北穂高岳

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな