うさぎとかめの母子登山+スケ

初めての八ヶ岳 下

中編より


8月10日
和食の朝ごはんしっかり食べて(白米が美味しいと、スケも毎回おかわり)硫黄岳にむけて身支度整えます。


e0252707_07195877.png
6:50 赤岳鉱泉START

沢を渡るんですが、なんてことない所だと思ったから先に歩かせていたら左足をチャポしまして(汗) それから何度か沢を渡るところがあったんですが先にいって足を置くべき石を教えました。
その後、相変わらずのエンジンがかからないスケ・・・最初はちんたら後ろを歩いていましたが5歩進むと「はぁ・・」って止まるからいい加減こちらが疲れるから先に抜きました。その時に

体質とかじゃなくて気持ちの問題じゃねーの!?

って言い捨てていったんですがそれがカチンときたらしく黙々と歩き始め、途中飲み物を飲みながら待っていたらスケは止まらずに進む

進む!!


一向に止まらないで進む!!!


こちらも追いつこうとかなりペース上げましたが全然追いつけず。。出だし抜かれてた登山者を今度はごぼう抜きし、いくらなんでも止まって休ませないと後がヤバイと思い、勇気を出して(私とスケの間に数名いましたから) 「スケー!止まってちょっと休んで!」といってもチラ見してもくもくと歩むスケ・・・マジかよと頑張ってペース上げても全然追いつけず2回目に叫んだら、スケの後ろをずっと歩いていたおじさんが

「ペースが一定だし大丈夫だよお母さん!しばらく僕も一緒に歩くから」

とまさかの助っ人出現!

e0252707_07204593.png
とはいえ、いい加減追いつけない私もヤバイ(汗) そうこうしてたら上着をずっと着たままだったスケが脱ぐために止まったのか、そこでおじさんと話しながら私を待っててくれました(画像左下)
「僕も抜こうと思っても、そうすると速めるのかわからないけど抜けないんだよねー(笑)」としばし談笑。首からニコンのイチガンぶらさげてたから‘ニコンじー’と勝手に心の中で呼ぶことに^^ 記念だから一緒に写真撮らせて頂きましたら、撮ってくださいました☆
そこでお互いの安全を祈念しお別れ。一期一会って素敵。


e0252707_07240194.png
赤岩の頭 8:10着

もうヤバカッター!燕岳のような美しさに加え表銀座(北アルプス)がくっきり一望☆花崗岩?なのかわからないけど白い砂浜ビーチのような山頂手前は休憩ポイントなのか私たちもしばし小休止。


e0252707_07352830.jpg
おば様二人ペアが撮ってあげるわ~とおっしゃってくださったので


e0252707_07343360.jpg
撮ってもらい、お返しに撮りますよ!と告げたら「いいのよ、私たちは写真はどうせ見返さないし、形は残さないの」と笑ってて、なんて粋なおば様たちなんだろうと思いました(^^;))

さ!硫黄岳山頂まですぐそこ!8:25発

e0252707_07260427.png
画像中)手前が天狗岳(東・西)、天狗の左後方におわんみたいなのが蓼科山。北八ヶ岳の最端・・・高校の林間の時に登ってます♪(下山の時にふざけてたら足を捻ってしまいクラスの先頭で歩かされた記憶あり(笑))
画像下)高山蝶のベニヒカゲ

e0252707_07264297.png
硫黄岳山頂 8:43登頂~
画像上の通りひろ~~い山頂で標識がどこにあるのかキョロキョロしてたらニコンじーが私たちを見つけて教えてくださいました♪スケの登山能力とかこれからの行程とか話してました。ニコンじーは横岳ー赤岳に縦走するそうです。
赤岩の頭で撮っていた表銀座の写真が私のスマホじゃなくてイチガンだとどんな風に残せるのかをみたくて失礼とは思いつつも撮った写真を着払いで送って欲しい旨お願いしたら快くOKしてくださいました!!(後日、レターパックで届いた写真は表銀座は1枚もなくて(笑)私とスケの良い感じのショットが3枚ほどA4サイズで届きました!100均のフレームではなくてちゃんとしたフレームに入れて飾ろうと思います)

さ、名前からして興味深々だった「爆裂火口」をみてみましょう!

e0252707_07272989.png
規模的には富士山のそれの方が巨大だったけど、うん・・すごかった。
高校からの男子悪友が本沢温泉を押してうるさい(笑)のでみてみたらおそらく画像下の雲がかかってる方向にあるんだと思う^^;))

e0252707_07351195.jpg
立ち入り禁止ロープギリギリからどうにか内側を撮りました。

e0252707_07282243.png
ケルン積みは疲れていても外せないスケ・・・しばらく石遊びに没頭(笑)
ここ硫黄岳から横岳に向かうときに8個?だったかなケルンが設置されていました。天気が悪い時とかガスがかかると本当にホワイトアウトになって方向がわからなくなるそうです。

e0252707_07284016.png
下山して温泉に入れるか入れないかは赤岳鉱泉着が11:30前ならゆっくり入れるからそれを目処に~と山頂 9:04出発
赤岩の頭ではもう表銀座はガスっててみえませんでした。

赤岳鉱泉着10:22
思ったよりもやっぱり速くて小休止しつつ赤岳と硫黄岳のバッチを購入!
10:37発

e0252707_07292473.png
画像左上)堰堤広場11:27着
足がちょっと痛いというので小休止。靴脱いで沢に足を入れて休ませるつもりが冷たすぎてアウチ(笑) しばし休憩・・・石が赤い。往路もだけど赤い蟻さんがたまにいてスケは「ひありだ!」といってやっつけてました・・・蚊とかは潰すけど昆虫でも何でもあまり潰さない子なんですが世の中「ひあり恐慌」ですのでやっつけてました。←10年後にこのレポみて思い出すのかな(笑)

11:38発
美濃戸山荘 12:07着 水飲んで3分休憩
やまのこ村 12:24着 往路で会った女性の小屋番さんがいて覚えてくれていたらしく声かけてくださったので感想を伝えました^^  実は往路の時トイレ借りた時に今日中に赤岳にいくか、天気をみて硫黄にいって明日赤岳にいくか迷ってるのを伝えたら「この時間なら赤岳余裕ですよ」とアドバイスくださったので迷わず初日に赤岳にしたのもあり!二日目は赤岳はずっと雲がかかっていたし赤岩の頭からの眺望もあの時間がビンゴだったのでアドバイスのおかげもありほんと運が良かったー。


e0252707_07334571.jpg
スケの方はほぼほぼ空荷だったのもあり私のザックを10分ほど背負ってくれました!思ったよりもしっくり背負えてて惚れ直しました(爆)) でもね、10分ほどでもう重いって、、中にはおそらく3kgも入ってないはずなんだけど^^;))

ちなみに今回のザックの重さ、出発時に量り
カメさん 5kg
スケ   2.8kg
くらいだったと思います。

美濃戸口GOAL 13:01(画像2枚上の右下)

e0252707_07294390.png
八ヶ岳山荘にてお風呂とお昼・・・お風呂は私の方が20分くらい早くでて待ちくたびれ~。
コーヒーはドリンクバーだったしピザも美味しかった~。雑誌読んだり高校野球みたりしながら待ちました。ピザは大きいよね、、と思ったけどスケがいっぱい食べてくれました。
画像右上)まるで囲ってあるのはJ&Nさんの看板犬さん、この日は出勤だったのね♪
画像左下)帰りのバスはいっつもすごく広い~。


特に赤岳側の方がよくみつけた高山植物たち

e0252707_15240928.png
左上だけはちんぐるま!私、ちんぐるまはお花状態よりこっちの方が好きなんです。右下はうすゆきそう(エーデルワイス)じゃないかな?とりあえず時間はかかるかもだけど咲いてたお花は順次調べて書きます^^))


八ヶ岳、、、ワイルド派には物足りないかもしれないけど、私テキには道標もあるしペンキや木にリボンとかもわかりやすくてホントはまりそうです。スケが自分で縦走ルートを考えていたな(笑)今回は時折登山地図をだしてしっかり確認しながら分岐を進んだり二人であっちだこっちだいいながら歩いたりできました。

嬉しいような悲しいような、スケにいっこうに追いつけなかったのはホントびっくりでした。とはいえ寝起きから体がしっかりエンジンかかるまでの体質?改善ができれば十分なんだと思います。

赤岳の難易度も妙義にいっといて良かった~と思う部分あったし、実は初日なんだかんだで9時間歩き通せたんです!これは目に見える実績として今後色々な山行予定をたてるのにぜんぜん違うと思ってます^^


八ヶ岳レポ おしまい
e0252707_07345007.jpg

読んでいただきありがとうございました!


[PR]
by puupon | 2017-08-26 12:14 | 赤岳・硫黄岳

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな