うさぎとかめの母子登山+スケ

山頂の大剣目指して

2015年5月23日

ずーっと登ってみたかった山の1つに日光男体山がありました。
男体山の山開きは毎年5月5日の子供の日!なんですが、どうもその時期はたいがい上の方が積雪がありアイゼンが必要という事と(アイゼンは2つ買ってはあるが未だ使ったことなしw) 紅葉の時期は渋滞のメッカでもある。そして何より車酔いといえばいろは坂(笑) こんなわけでなかなか行けなかったんだけど、今年はどの山も雪解けが早く男体山もアイゼンも必要なしでOKということと、なんだか急に{男体山いくぜ!}衝動が抑えられなくてとうとうこの日がやってきました^^


男体山は二荒山神社のご神体で登山というより「登拝」になります。山岳信仰の御山として関東第一の霊峯なんですって。

標高は2486m
標高差1200mをひたすら直登というまさに修行です--;)


あらゆるETC割引を使うために外環にAM0時超えて乗るよう出発!
たかだか500円が350円になるだけなんですが、ハリポタが放送されてたおかげでスケも起きていたしストレスなく出発♪ ところがどっこい!私の中で「日光=関越」という固定観念があったのです!(以前、日光白根さんを関越の沼田ICを使ったからでしょうか) で、ナビがそうそうと外環から逸れるように示すんですがそこに一瞬「銀座」の文字がみえたんです。前にエルのナビが関越だか東北を使うのにいちど首都高を入らせようとしたことがあって今回は私が以前乗ってたNOTEだったのにまさかそんなエスコート、お前もか~!なんていいながら外環を突き進んだんですね・・そして走ってると今度は看板が「大泉」しかでなくなって・・・おかしいな?なんで東北道に行かないんだ・・とドキドキ感いっぱい。ナビ任せにしたから地図も確認してないし、頭の中で日本地図を思い浮かべつつ「やっぱり違う!右側(東北道)から進み日光の有料道路に入るのに左側にいくんだ!だから東北道でマチガイナイ!でもなんで大泉の看板しか出ないのよ~」とヤバいと思い浦和あたりで一度外環から降りて地図を確認したらやっぱり東北道への分岐は過ぎてて(ちょうどCDを熱唱していたころ(゜o゜)) 150円の恩恵どころか通常料金より加算して払う羽目に(TT) で、改めて分かったのが外環から東北道に入る時は、その分岐点は首都高の分岐とも一緒になってるので外環から一旦逸れて、すぐ首都高と東北道で分岐があったってことが再発見!だから銀座の文字に拒否ることなくしっかり入っていればよかったと、学びました(あちゃー)

そんなこんなで運転再開・・スケは外環に乗る前にはすでにオネムzz 気ままにどこまでいこうかと走っていたらあっという間に栃木に入りこれまたハイウェイマップでちゃんと確認していないからどこのSAに寄ろうかとか頭に入ってないためPAに入り休憩しながら確認・・ハプニング続きで頭が冴えてるので日光方面の有料にいく一番手前で仮眠して時間調整することにしました。なんたって夜中にいろは坂なんて走る勇気ありません^^;)

と、すんごい前置きが長くなりましたが夜明けとともに再出発!大して眠ることはできませんでしたが30分位は記憶がないので良しとします(←いつどんな時でもこんなんなので寝不足とか問題なしです) 夜中にいろは坂は走りたくないけどスケが寝ているうちに走らないと酔われても困るので母は気を使います(笑) 
順調に二荒山神社中宮祠に到着!神社の登山者用駐車場(無料)に停めます(6時前に着きましたが第一Pは満車でした・・7時台にはきっと第二Pも埋まりそうです)


e0252707_12332423.jpg


登拝受付所はAM6時から
氏名を書き登拝料500円(子供300円)を払い、お守りと簡単な地図と林道の部分の簡単な説明をいただきました。


e0252707_1321272.jpg


登拝門から1合目までは石段と階段


e0252707_1324330.jpg


1合目からブナやミズナラの樹林帯の中を延々と登ります。


e0252707_1331385.jpg


2合目・・やっぱり見つけられず・・3合目まではずっと樹林帯
3合目から4合目は林道を歩きます。山にショートカットできるみたいですがここはちゃんと林道歩き。道路が2方向(林道に出て右折と右斜め上方面)あって一瞬迷ったけど右斜め上側に(木にちゃんと目印もありましたので大丈夫!)


e0252707_1455852.jpg


スケがお猿をみつけました^^


e0252707_1335041.jpg


4合目の登山口と鳥居が見えました!


e0252707_1342026.jpg


5合目
避難小屋あり。ここからがガレ場がでてきて急変します。


e0252707_1344726.jpg


6合目 標石見つけられず7合目にも避難小屋
ここら辺は岩岩岩の直登・・・日陰もないし真夏は2Lのペットボトルが1人1本必要なくらい大変そう・・
岩は大変だったけど、スケもやっぱ好きなのか大して行ってないボルタリングジムの効果がでてるのか思ったよりもヘタレなかったけど・・・2回くらい心が折れそうになってたかな(笑) 中禅寺湖がどんどん小さくなっていくのに登った感がでてわかりやすかった^^


e0252707_1351552.jpg


8合目
滝尾神社と避難小屋あります。大きな岩の下にひっそりと祠が。


e0252707_1354397.jpg


残雪少しだけありました~。
9合目森林限界を超えたのでしょうか、視界が開けます
一瞬、リフレッシュできるような緩やかな道があります・・・ホント一瞬(笑)


e0252707_136527.jpg


日光白根山がどーんと見えます。地図読み講習じゃないけど地図を出してしっかり確認
赤茶の火山礫が一面に・・まさに火山の山ってかんじです
山頂直下は日光白根山以上のザレ加減ですんごいしんどいけど富士登山にはもってこいのトレーニング!


e0252707_1363819.jpg


山頂~
2486m 日本百名山GET☆
二荒山神社の奥宮があり高さ4mでできた二荒山大神


e0252707_137519.jpg


とりあえず梵鐘をみつけて宝剣とスケを写真に撮りたかったので探したら発見!!とりあえず自分たちの場所を決めてザックをデポして最後の岩を登ります・・・空身って快適❤


e0252707_1373572.jpg


ランチタイムです。
宝剣の所からの眺め良好!人気の山だけあって沢山の人々がお昼休憩してました^^


e0252707_138755.jpg


スケお決まりのひたパンに、寒かったので暖かいお汁粉を山頂スイーツとして用意!寒くてレギュラーガスだとなかなか点火しなくて焦りましたが振ったり温めたりしたらようやく火が!今度からはライター持参と、あとはプレミアムなガスにしないと。そうそう、お汁粉にスライスお餅をいれましたYO!スイーツだけじゃなくパワーにもなるし甘くて美味しいし疲れもふっとびますメニュー☆

梵鐘を鳴らし無事に下山できますようお参りもして下山へ・・・


e0252707_1383853.jpg


苔むす樹林帯と新しい芽吹きに心を奪われます・・・が。

まず山頂直下からのザレ場は本当に落石にも注意したし足元ざれてるしガチで気力体力を消耗しました・・・で、こんなの登ってきたのかよ~と思いつつ岩場をどんどん降りていきます。降りても降りても岩場がでてきて・・正直、頂上まではさほど大変でもなかったと思えたけど、下山が果てしなく続く山様に最初の筑波山以来ですね・・・


心が折れました((+_+))


ですが、意外や意外、スケは下山でまったく泣き言も言わずひょいひょい降りてます。辛ーいといったのは


e0252707_1391528.jpg


雪だるま作って遊んだ時に手が冷たすぎた時のみ!!


e0252707_1394229.jpg


で、心折れながらなんとか林道についた時は対照的な私たち(笑)ホント写真見ると(画像右上w) どっぶり疲れてるカメさん・・じゃなくてダメさんな母^^;))

ところがどっこい!岩より高い母子登山最大の難所到来!

順調にきたかと思ったらここでいきなりクイズトークでの私の反応が気に入らなかったのか、スケが一気に反抗期モード突入しまして(滝汗) この後の樹林帯は一切写真を撮るどころかお互い視野に入るくらいの離れた距離で下山という、なんともいえない状況に。グダグダ時間がかかるわ~こっちはトイレにいきたいわ~でますます気持ちが離れていきながらも親として放置できる場所でもないのでグッとこらえてなんとか最後の鳥居へ・・・ここでスケが上からペースを上げて私に追いついてきて(ヤツの中では下山の時は一緒に!がポリシーらしいw) なんともいえない表情をしつつも(画像中央右) 一緒にゴール!!

まぁ、そんなこんなでまさに修行の山だけあって、ここを平然と登れるようになったらかなり登山レベルというか体力が備わってるんじゃないかと思います。

地図読みが苦手でも間違えようがないしそれこそ秋の紅葉時期なんて絶景なんだろうな~って思います^^

ちなみに表の二荒山神社側の開山時期は5月5日~10月25日で、開門(受付)時間はAM6時~正午までです。裏の志津乗越側からは通年登山OK。毎年7月31日~1週間は男体山登拝祭りがあり8月1日の午前0時から山頂目指して登り始める「男体山登拝」が中心行事で上でご来光みれるのかな~?とは思うけど、あの岩場を夜中に登るのは子供が小さいうちはやらない方が安全だと思います!


e0252707_1482723.jpg



おしまい。
読んでいただきありがとうございました^^
[PR]
by puupon | 2015-06-09 14:15 | 日光男体山2015

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな