うさぎとかめの母子登山+スケ

標高が変わった山!?

2014年11月24日

地元からバスが出発してくれるというツアーをたまたまみつけたので行ってきました♪
昨シーズン1座目だったのが金時山だったのですが、今シーズンはラストになるのかなーなんて。去年の時の記事・・UPしていたつもりだったのにUPし忘れていてびっくり(汗) →後日レポUPしました^^;)

金時山は箱根山の外輪山の最高峰(標高1,213m)で、四十万年前の大噴火によって誕生したものです。春の金時山と秋の金時山、どんな風に違ってくるのかな~

バスが出発!ツアー会社的にはマイナーなんですが大手だと新宿にいくまでに約50分くらい電車乗りかえとかあるので地元だとその分の労力がなくてラクチンですね。
ツアー参加者が26名でバスも空席があり自由でいいですよー!と添乗員さんがアナウンスしたのですぐに一番後席に移動。ちなみに前週の時は40名だったそうです。うさぎがテスト休みに入って休日だったので一緒に行けるならいこうかな?なんて嬉しい事をいってくれたのでイソイソと天気予報見たら雨マーク濃厚だったので止めといた・・ら、当日は超快晴(TT) しかも添乗員さんにそのことをいったら「昨日電話で空席確認してくれれば前日申込みでもOKですのにー!」と更にガッカリ。


e0252707_2210428.jpg

走って間もなく八潮PAでトイレ休憩。3連休の最終日だからか高速もガラ空きでラッキー☆(ちなみにPAの840とはヤシオです(笑))
殆ど朝はパンなのですが久しぶりにおにぎりむすんできました。
本来のスケジュールなら下山後に立ち寄るはずだった老舗おまんじゅう屋さんなんですが、あまりにも順調に行程が進んだため行きに寄っていくというので寄りました。おまんじゅうの試食はツアーの中に組み込まれていたから楽しみにしてたのですが量が1つのお饅頭の1/4で、通常のまんじゅうと揚げまんじゅうの2種でした(2種食べても通常おまんじゅうの1/2w)。美味しかったのでお土産にしたかったのですがつぶ餡だったので我が家には買えず(><)

そんなこんなで到着~!
いつの間にかお饅頭屋さんでガイドさんも加わっていたのでバスから降りた後は準備運動。


e0252707_2211718.jpg

乙女峠側から登山開始。最初は林道ばかりで眺望もなかったのですが落ち葉の絨毯がサクサクふわふわで心地よく歩きました♪


e0252707_22112970.jpg

乙女峠(1005m)到着!富士山を眺めるためのちょっとした展望台がありました!傘はかぶってるけど麓まできれいにくっきり!(翌日ちゃんと雨でした(すご!)) 超ラッキー☆ ちなみに乙女峠とは、昔、仙石原の娘が父親の病気を治そうと峠の先の地蔵堂に日参りし満願の日に父親の病気は治りましたが彼女は雪に埋もれて死んでしまった、と伝えられているとか。そんな彼女の霊を哀れみ乙女峠と呼んでいるそうです。ちなみのちなみに、乙女峠は「足柄峠・長尾峠」と並び富士見三峠です!

右下の画像は山火事防止の看板なんだけど、いつみてもグッピーラムネのねずみ(?)にしか見えない(笑)
小休止後出発!少し歩くと


e0252707_22114881.jpg

長尾山山頂到着~(1119m)
ここで大休止しました。最近食べ過ぎだったので行動食もゼリーの1つとプロテインチョコバー1本にしました。おせんべいは美味しそうだから買ったんですけどまだ手をつけず。お昼もおにぎり1つとおかずだけにしておいたら結局お腹ペコペコで帰りのバスの中で食べました^^;


e0252707_2212852.jpg

さて出発です。林の中から見えるのは目指すは金時山!(画像中央上)頂上に沢山人がいるのが見えます^^ 長尾山頂からは眺望もひらけているので芦ノ湖(左下画像)や、神山(こうやま・1437m画像中央下)で箱根で一番高い山です。俗にいう「箱根の山」と言うのがこの神山だそうです。この写真だと見えにくいのですが煙がたっているのですが大涌谷です。そんなこんなであっという間に山頂がみえたぞ(画像右下)


e0252707_22122635.jpg

富士山ばっちり!!
ツアーでお弁当がついているのですが京樽のおにぎり弁当でした。おにぎり3つに卵焼きとから揚げがちょびっと。お弁当と一緒に金時茶屋で有名なきのこ汁を飲もうと思ったのですが待ち時間がながそうなのもありましたが茶屋できのこ汁作っている方の態度がかなり悪いので、せっかくきたのに~と迷いましたが買うのを止めることに・・同じ接客業としてマジでどうかと思うわー。ちなみに1杯400円です。ま、キノコ汁が飲みたくなったら高尾にいくとするわ(笑) で、山バッチとかも売ってないしお隣の茶屋へいったらバッチと最近ミサがコレクションしている‘もの’もあったからGET。人のよさそうなお店の年配女性がさきほどとは正反対でよかった・・金太郎飴も1つくれました(美味しかった~!)


e0252707_221250100.jpg

混雑の中、なんとか場所を探して富士山を眺めながらランチをしおトイレ(100円)をすませて下山です。
りんどうが咲いていました!眺めの良い中気持ちよく下山していたのですが、綺麗な山道(縦走路?画像中央)を発見!!どこにいくんだろう~と他の参加者の方や添乗員さん(今回私はずっと参加者の最後尾でした)と話していましたがどうやら矢倉沢峠の方に行く道らしいですね。画像左は{金時宿り石}・・金太郎がお母さんと逃げ込んだ石とかなんとか??


e0252707_2213876.jpg

そのまましばらく下山して、一度車道をよこぎって進んでいくと金時神社に到着!公時と書いてキントキとも読むんですね。神社の木々の紅葉が素晴らしかったです


e0252707_22133541.jpg

右下は見覚えのあるトイレ・・・そう、昨春来たときはこちら側から登山開始したのでした~。こっちから登る方がキツイです。下山しながら去年こんなとこ登ってきたんだ、すげーなっ!って感心しちゃいました・・じぃじが汗びっしょりになるはずだ(笑)

下山してくるときに綺麗な紅葉が沢山・・


e0252707_2214422.jpg



e0252707_22154115.jpg



e0252707_22152037.jpg



e0252707_2216233.jpg



なんか画像が荒くて残念(><) ←オールスマぽんで言うなって--;)

新緑の金時山もよかったけど、決して紅葉が最盛期ではないにしろ気持ちよく晴れた初冬のお山もまたよいものですね~。こんな違いも発見できてよかったのと・・・違いといえばじつはこの金時山、今年の4月1日から1212mに変わりました。それまでは1213mだったんですよ!


e0252707_23343215.jpg

ね^^ (2013.5)
それにしてもうさぎが若い(笑)


子供たちもいないし、ここは勇気をふりしぼってまさかり担いでみましたYO


e0252707_2214833.jpg

(笑)


金時山!私のような地図もまだろくに読めないし登山タイプが基本母子登山でも登山道も整備されているし迷う事もあまりない安心な山だと思います(^^)v
前回とはまったく正反対のルートで登りました。あの時初めて「この山面白いかも♪」って思ったんですが、今回は特にそうは思わなかったんですよね。もっと起伏があった気がしました。添乗員さんと参加者でちょっと詳しい感じのオジサマにそのことを伝えると「逆からの方が辛いんですよ」って仰ってました。なるほど~。当たり前ですが同じ山でもルートによって全然趣が違うんだなー。


おしまい
読んで頂きありがとうございましたm(__)m
[PR]
by puupon | 2014-11-25 22:16 | 金時山2014

うさぎとスケと母子登山で富士山登頂!2016年はついにスケが北アルプス進出!そしてかめさんは奧穂高登頂しました☆
by puupon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新の記事

修行でしかない北穂 後
at 2018-10-19 19:30
修行でしかない北穂 中
at 2018-09-30 15:56
修行でしかない北穂 前
at 2018-09-30 09:13
お空に一番近い山 後
at 2018-09-22 11:52
お空に一番近い山 前
at 2018-09-22 11:11

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな